カテゴリ:都内食事( 141 )

きらく亭@南麻布 (焼肉)

No.141

公式

食べログ

10/12/30 訪問

場所:完全な陸の孤島。地下鉄なら日比谷線広尾駅か南北・三田線白金高輪駅から歩く。両駅ともに15〜20分くらいかかるかも。

客層:カップル・夫婦・家族など多彩。男女比はほぼ一対一。

店内:焼き台はテーブルに備え付け。排煙設備が店内中央にあるので、通路側に座った人に煙が直撃するという難点あり。

予算:1000円前後。(夜はもっと高いと思う)

さる人の紹介で開店直後に行った。開店三分前くらいにいったら一番乗りだったけれど、オープン後10分くらいで20人くらいの席が埋まった。その後もひっきりなしに客がくる。立地を考えれば凄いことだと思う。

それだけの価値があるからみんな行くわけで、だからこの手の店にははずれが少ない。この店に関しては期待以上だった。一押しのハラミ定食はメインのハラミ肉はもちろん、サラダ、ナムル、韓国風冷奴、スープ、ライス(おかわり自由)がついてまさかの1100円。もうこのボリュームの時点で肉がスーパーの特価品だったとしても文句が言えないレベル。

そして肉凄い。多分他の店だったら1100円ではこのレベルの肉出してくれない。私のような貧乏舌にとっては今まで食べたことないレベル。肉がとろけるというのはこういうことを言うのか。

ここで終わらないのが更に凄いことで、このメニュー、ランチの客寄せパンダでもない。単品も安く、例えばタン塩が600円。食べごたえのあるタンが8枚ついてくる。メインの定食も十分ボリュームあるので、二人だったら一人前だけ注文してシェアすると良いと思う。これでも一人当たり1400円。

おそらくCPを考えると都内最強のランチ焼肉じゃないかと思う。夜はやはりそれなりの値段するらしいが、それは致し方ないか。
[PR]
by fyama_tani | 2011-01-04 22:21 | 都内食事

油そば 東京油組総本店 渋谷組@渋谷 (油そば)

No.140

食べログ

ラーメンデータベース

10/12/29 訪問

場所:各線渋谷駅東口方面。明治通り沿いの飲食店が並んだ一角にある。徒歩5分程度。

客層:男性客中心だが、油そばという内容の割には年齢層に比較的ばらつきがあった。

店内:いわゆる「こだわりラーメン」系な黒を基調とした内装。カウンターのみ。椅子がちょっと座りにくい……。

予算:1000円前後。

ふらふらと歩いていて、そこそこの客の入りだし、油そばってそうそう食べる機会ないなあ、と思ったので入ってみた。

麺の量で値段を変えないのはつけ麺系の考えを踏襲しているのだろうか。トッピングとして「柚子胡椒」がゼロ円だったので一緒に付けてみたところ、何のことはない柚子胡椒入りのビンが置かれただけだった。

食べ方がいろいろ言われるが、要は酢とラー油を加えて混ぜて食べてね、ということ。トッピングなしだと出された時点の見た目が凄く殺風景だ。底に具は埋もれている。タレも埋もれているので、よく混ぜる。冷めると不味くなるのはほぼ間違いないので急いで食べるしかない。

思ったより油っぽさはなく、口当たりの良い味。これはアリかもしれない。つけ麺を大分意識してるのかな。特筆すべきは刻みタマネギのトッピングで、これは卓上にあるので入れ放題。これがとても良く合う。つけ麺だとあんまり合わなかったり、ひどい店だと苦かったりするが、ここのタマネギはとても良いと思う。

逆に柚子胡椒は風味がない上に変に辛いので微妙。ブラックペッパーとかで味変えた方が良いかも。
[PR]
by fyama_tani | 2011-01-03 22:09 | 都内食事

岐阜屋@新宿 (中華料理)

No.139

公式

食べログ

10/12/28 訪問

場所:各線新宿駅西口方面。思い出横丁内。駅側から入るとほとんど出口に近いところにある。

客層:サラリーマンとプロの方々が半々ぐらいか。プロの方の方が多いかも。

店内:店内中央の厨房をぐるりと囲むようにカウンター。もともと二つの店をむりやりくっつけたのか、中心には良く分からない段差があり、スタッフもそこを境に担当が分かれているようだ。メニューは壁に貼ってある中から適当に選ぶ。

予算:1000円前後。

カオス中華料理屋として有名。ここは普通に料理を食べるというよりは、酒飲んでなんぼな店だと思う。

メニューは実に多彩。ただ存在意義が分からないものも多い。「肉と韮炒め」と「韮と肉炒め」(値段同じ)の違いを誰か解説求む。どんなメニューも手早く出てくる。味も酒アテとしては悪くない。麻婆豆腐が唯一辛かった。

会計方法が独特で、会計頼むと空き皿を数え始めて、そこからメニューを類推、暗算で合計額を請求してくる。合ってるかどうか怪しいところもあるが、それも含めてこの店の魅力だと思う。
[PR]
by fyama_tani | 2011-01-03 21:57 | 都内食事

築地魚河岸まぐろ一代@上野 (魚料理)

No.138

10/12/28 訪問

場所:JR上野駅構内。3Fの飲食店フロア。周りは改装中(訪問時)。

客層:平日朝なのでサラリーマン中心ですね。

店内:カウンターのみ。昼以降は寿司ネタを並べるのだろうか。

予算:1000円以下。(朝)

久々に上野駅構内の回転寿司屋で「回転朝食」を食べようと思ったらなくなっていた。どうも大幅改装をしているらしい。とりあえず先行開業ということで数店舗できていたので、そのうちの一つに入った。

通常はまぐろを売りにした寿司中心のメニューらしい。朝は480円の定食のみ。煮魚、焼魚とまぐろ山かけから一品とご飯、のり、みそ汁だったか。店員のおばちゃんはテキパキしているし、味も悪くない。CPもまあ普通だと思う。

でも、回転朝食のCPには劣るけどね……。あれ採算取れなかったのだろうか。
[PR]
by fyama_tani | 2011-01-03 21:48 | 都内食事

山田うどん 浅草店@浅草 (うどん)

No.137

公式

食べログ

10/08/14 訪問

場所:地下鉄各線浅草駅を出て公園六区方面へ。ウインズ浅草隣、ホッピー通りの入口。徒歩7分程度。つくばエクスプレス線浅草駅からだともう少し近い。

客層:歴戦をくぐり抜けてきたに違いない浅草のプロの方々ばかりだった。

店内:一般的なファミレスの内装。カウンター席もあり。内装と客層がここまでアンバランスな店も珍しい。

予算:1000円以下。

浅草の公園六区と呼ばれる区域は土日の競馬開催日ともなると歴戦の方々で埋め尽くされてかなり壮観。その中心に位置する店。一応チェーン店なのだが。

まず、入口に置いてあるベンチ(おそらく入りきれない客が待つための席)が歴戦の方々で埋まっている。多分というか絶対この人たち店内に入る気がないので、無視して店内へ。

店内も歴戦の方ばかり。そして飲んでいる。AM8時なんですが。屋号は「うどん」だけど、うどんメニュー以外にも各種おつまみが揃っているので、まあ飲めなくはないが。それでも、一番出てるっぽいメニューが「餃子」ってうどん屋としてどうなのよ。

うどんは、はっきりいってかなり微妙。安いかというとそういうわけでもない。うどん屋ではなく、飲み屋としてホッピー通りで飲む時の一つの選択肢として入れる価値はあると思う。
[PR]
by fyama_tani | 2010-08-17 21:33 | 都内食事

鯉とうなぎのまるます家@赤羽 (うなぎなど)

No.136

食べログ

10/08/13 訪問

場所:JR各線赤羽駅東口を出て、赤羽一番街へ。この界隈のランドマーク的存在だからすぐに分かるはず。

客層:北区在住のプロの酒飲みで埋め尽くされている。時々おのぼりっぽい人がいるのがまだ救い。

店内:吉野家スタイルのカウンターが三つ並んでいる。壁にはおびただしい量のメニューが書かれた短冊がべたべたと貼られている。2Fは座敷になっているようだが未確認。

予算:1000~2000円。

赤羽のランドマーク、朝9時から飲める超有名店。一応うなぎ料理の店で、店の入口には定食メニューの紹介もあったりするが午前中から全力でみんな飲んでるぜ。

そんなわけで入るのにはかなり勇気がいるのだが、入ってしまえばそうでもない。客がみんな紳士だから。「酔った人は入店お断り」「店内でのお酒は三杯まで」という鉄のルールがそうさせるのか。後者に関しては1Lの酎ハイも「一杯」なので微妙なところだが。

びっくりさせられるのが一品一品の驚愕のCP。今回お手頃そうということで「いかげそ天(350円)」をまず注文し、プラスもう一品くらい酒のアテ頼んでうな丼でしめるという想定で入ったのだが、いかげそ天がいきなり皿に山盛りで来て全て崩れた。普通の居酒屋なら半分の量で500円はとるぞ。冷静に周りの客を見回すと、どれも量多め。それでいて刺身とうなぎ以外なら500円前後というお値段。これは凄いわー。

だから、うな丼(750円から)というのはこの店にしては高い方なのだが、この値段で肝吸いつくし、値段から考えたら十分すぎる一品。うなぎを食べてこその店だと思うので是非。

カウンター中心なので一人で行っても全く違和感無い(半分くらいが一人客)のですが、この量を考えるとやはり複数人で行ってシェアするのが楽しいと思う。でも大人数で行っても絶対入れないというジレンマ。2〜3人が吉か。
[PR]
by fyama_tani | 2010-08-17 20:58 | 都内食事

高はし@築地 (魚定食)

No.135

食べログ

10/08/13 訪問

場所:日比谷線築地駅から築地場内へ。魚がし横丁8号館内。

客層:観光客中心だった。いつもはもっと人がいるようだが、お盆前だったから人少ない?

店内:カウンターのみ。壁沿いにカウンターというスタイルが多いこの界隈において、カウンターと店員が向かい合っているスタイル。

予算:1000~2000円。

築地王が絶賛する魚料理の店として、大分有名になっている感がある。いつも大量に並んでいて入れないのだが、何故かこの日は3人くらいしか並んでいなくて、しかも一人客ばかりだったのでチャンスとばかり入ってみた。

ウリメニューである、「あなご丼」はあったが、それ以外のメニューがほとんどない。「?」と思いながら、あなごだけでも単調になりそうだと思ったので「刺身盛り合わせ定食」を注文。

厨房に良く声をかけている威勢の良い人がいて、その人が注文受けてから魚をさばいていた。周りの客の会話から、どうやらこの人がここの若旦那だと判明。築地の店の旦那衆は接客中心で自らはあまり手を動かさない、というイメージがあったので意外だと思った。

刺身盛り合わせは最初量が少ないと思ったが、一つ一つが厚切りだからか、最終的には満足のいくものだった。でもここじゃないと食べられないかというと、微妙。二軒隣のかとうの方が上かもしれん。醤油用小皿をわさびと生姜それぞれで出してくれるという小ワザがきいているものの、肝心の生姜がおろしたてじゃなかったり、ちょっと中途半端な印象。

あと特筆すべき点として、店の清潔さが上げられる。まあ築地でレベルの高い店は全般的に建物の年季の割に綺麗だと思うけれど、ここは別格だと思った。どこかで一日掃除に5時間かけてるとか見たような気がするが、徹底的にやればここまで保てるのかと思った。一見の価値アリ。

メニューが少なかったのはお盆休み直前だったのかなあ……。客が少ない(特にプロ客をほとんどみかけなかった)のもそれに関係しているのかもしれない。
[PR]
by fyama_tani | 2010-08-17 19:29 | 都内食事

そばよし@三越前 (立ち食いそば)

No.134

食べログ

10/06/28 訪問

場所:地下鉄線三越前駅・日本橋駅あたりが近い。首都高江戸橋ジャンクション近く、昭和通り沿い。

客層:サラリーマンが多い印象だったが、早朝だからか労働者の割合が多かった。

店内:店奥が厨房、壁沿いにカウンター。混み具合によって椅子が出たり出なかったりするらしい。

予算:1000円以下。

立ち食いそば界での有名店。土日祝日全部休みでこの立地という非常に到達困難な店に、夜行バスで東京駅に降りついた足で行ってきた。

ここは鰹節問屋が経営しているらしい。ということで、汁に絶対の自信があるそうな。そばも注文を受けてからゆでるという本格派。

でも結局天ぷらは揚げおきだったりする。あとはトッピングのバリエーションが豊富で、普通の店にないようなものもある、ということだったが、結局提供時間が限られていたりで味わえず。肝心の汁も、わざわざこれを求めてというレベルではなかった。ということでいろいろ微妙。

あと、この店は卓上に鰹節の削り粉があって、ライスを注文してそれをかけてねこまんま風にするとうまい、となっている。試してみたけれど、これも微妙だった。粉が細かすぎるのが気になるなあ。もっと大きいと食べ応えがあっておいしいと思うのだが。所詮削り節のカスを提供しているだけだから、仕方ないか。
[PR]
by fyama_tani | 2010-07-04 12:48 | 都内食事

吉野家 上板橋駅前店@上板橋 (牛丼・そば)

No.133

公式

ぐるなび

10/06/25 訪問

場所:東武東上線上板橋駅北口出てすぐ。駅直結。

客層:地元に密着した感じの一人客中心。

店内:店外壁を囲むようにカウンター、奥の方は立ち食いスペースになっている。吉野家というよりは立ち食いそば屋に近い感じ。

予算:1000円以下。

吉野家をうたっているが、普通の吉野家とはまったく違うレア吉野家。まず看板青い。そして決定的に違う点として、そばが出る。更に食券制。つまり、吉野家というよりは立ち食いそば屋に吉野家の牛丼を置いてみました、という感じ。

実際牛丼以外の丼(天丼とか)も置いているし、そばだけ食べて帰る人も少なくない。まあ特徴を最大限生かすなら牛丼+そばのセットだろう。

そばは自家製麺をうたっている。まあそれなりになレベル。でも各種丼とのセットにできることを考えれば、これは便利な店だなあ。吉野家は今いろいろとやばいことになっているようだが、こうやってそば屋とセットになればもっと繁盛するんじゃないだろうか。つぶれかけの立ち食いそば屋をそのまま買収すれば、店舗スペースの確保も簡単だし。
[PR]
by fyama_tani | 2010-07-04 12:12 | 都内食事

西安料理 刀削麺・火鍋 XI'AN 銀座店@銀座一丁目 (中華料理)

No.132

ぐるなび

食べログ

10/06/19 訪問

場所:地下鉄有楽町線銀座一丁目駅A3出口すぐ。ウェンディーズがあったビルの地下。

客層:女性客大目だが、割とバラバラな客層。一人客も多い。

店内:テーブル席が十数卓。刀削麺を作っているところが見られるはずだが、案内された席からは確認できず。

予算:1000円前後。

中国人の友人いわく、「チェーンではここが中々良い中華料理を出す」という店。以前に夜の部に行ったことがある。クミン(中国では「ズーラン」と呼ぶらしい)をたっぷり使ったラム肉の串焼きとか、確かに日本では見ないタイプの料理が多く、面白かった。

ここの名物は小麦粉の塊を直接削って煮立った鍋に投入する「刀削麺」。当然形はふぞろいで、触感も独特。これを山椒のきいた辛いスープで食べる。結構辛めだが確かにおいしい。

さて、昼の部のランチメニューではこの刀削麺中心の構成となる。夏だからか、「冷やし刀削麺」というのがあった。面白そうだと思って注文。まあ冷やしラーメンというのがあるくらいだし、無難においしい。山椒のききっぷりも良いアクセントになっている。ボリュームも良いし、これは良い一品。

でも後で中国人の友人に「冷やし刀削麺ってあるの?」って聞いたら、「そんなもの聞いたことがない」って言われた。流石日本クオリティ。こだわるなら普通の暖かいものも当然あるので、そちらを食べれば良いだけですが。
[PR]
by fyama_tani | 2010-06-30 16:28 | 都内食事