<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2007年8-9月位に読んだ本

暇がない、というか余裕がないのでまとめが追いついていません。本当は100冊目またぎだからちゃんと書きたいところだけど、もう無理。

読むペースも確実に落ちてますね……。

鮎川哲也『りら荘事件』
No.99
創元推理文庫:1958
☆☆☆

古典ですね。登場人物は学生たち、舞台は都市部からちょっと離れた山荘、そして最後に名探偵が登場して事件解決、とベタな新本格。新本格の人たちの中でこの人が神格化されてたというのも何となく納得な一作。

この本の中に出てくる、ある毒物に関する記述って本当なんですかねえ。本当ならばかなり驚き。でも軽く調べた限りでは、本書に関する言及しか出てこない。

多島斗志之『追憶列車』
No. 100
角川文庫:2003
☆☆☆

『症例A』のヒットを受けて企画された短編集なのだと思います。本作は歴史を巧く扱ったものが多く、他の作品の傾向とあわせても、何でこの人は歴史ミステリの人として認知されないのだろう? と思ってしまいます。

そんな中、『預け物』が異色中の異色。こんな作品も書くんですねこの人。

芦辺拓『紅楼夢の殺人』
No. 101
文春文庫:2004
☆☆☆☆

中国四大奇書の一つに数え上げられる、『紅楼夢』の舞台をそのまま持ってきた作品なのだそうです。何より登場人物多い! 人間関係複雑! 舞台設定も複雑! って感じで、最後まで家系図と登場人物紹介といったりきたりでしたよ。私のように頭の悪い人間には向いていないのかもしれない。

トリックのためのトリックみたいなものが多用されていますが、その理由付けは結構納得いくものかも。ちょっとヘビーなものを読みたい人にはお勧めかもしれない。

多島斗志之『<移情閣>ゲーム』
No. 102
講談社ノベルス:1985
☆☆☆☆

とうとう簡単に手に入るレベルでは多島斗志之の作品を読むものがなくなった、と思っていた(正確にはハードカバーの新刊が出ているのですが)矢先にデビュー作復刊。これは素晴らしい。

いきなり冒頭から、「中国と台湾の首脳を握手させてほしい」というやたら高いテンションで始まるこの作品、その依頼を受けた主人公塔原(モデルがミエミエ電通w)が目標達成のために策を弄する、という方向に行くのかと思いきや、孫文をめぐる重大な謎の解明へと話が動いていきます。

これ、もちろん他の例に漏れず多分に嘘が含まれているのだと思うのですが、かなり説得力のあるレベルにきています。相当調べたに違いない。そして解明に要するスケールでかい(『白楼夢』のラストもこんな感じでしたね)。

惜しいのは最後の詰めがちょっと甘いかな、という点。ある人物の動きに対して、水も漏らさぬ体制を敷いていたのは代理店側も同じなはずなのに、何でそこで見逃すかなあ。

雫井脩介『犯人に告ぐ』
No. 103
双葉文庫:2004
☆☆☆

実際の犯行としては最もおまぬけなものとされる誘拐ですが、フィクションの世界では誘拐を扱った名作多いっすね。これの特徴は「劇場型捜査」と名づけた、現職の捜査官がテレビ出演して姿の見えない犯人に直接呼びかけるという点でしょう。

このモチーフ自体、初めてのものではないと思いますし、いくつかの作品が常に思い浮かびながら読む、という感じでした。この作品が一定の評価を受けているというのは、単純な捜査陣VS犯人ではないという点でしょうか。というか途中から犯人どうでも良くなってる感があるかも。読めば分かる。

ラストはちょっと蛇足かなーと思ってしまいました。この辺りで東野圭吾の『放課後』を思い出してしまうわけですが。

松岡圭祐『千里眼 完全版』
No. 104
角川文庫:2007
☆☆

この人ずっと小学館で書いてた気がするのですが、何で角川に移ったんでしょうかね。良く分かりませんが、新作だけでなく、小学館時代の旧作も改稿して出版するらしいです。正直この人の作風には3作くらいで愛想つかしたのですが、この本のもととなった『千里眼』だけは傑作だと思っているので、久々に読んでみるかと思ったわけで。

そして読んでみたら原本を傑作たらしめていた伏線とか全部カットかよ! みたいな。もしかすると医学的にOUTだったのかもしれませんが。もしそうならば、リアリティを追求するというのも考え物ですね。あとがきで「(初版の『千里眼』は)自衛隊という設定は、極めてSF的なプロットの背景に用いるものでしかありませんでした」と本人言っていますが、それで良いんだって! と強く思った。

で、続編以降で俺が愛想付かした部分(変に現実世界で起きた出来事とリンクさせようとしているところとか)が代わりにパワーアップしてると。最近のファンは、これを見て「これは素晴らしいリニューアル!」とか思うのでしょうかねえ。私は読むなら小学館文庫版を強く勧めます。
[PR]
by fyama_tani | 2007-10-15 22:40 | 本:国内ミステリ

一番館 池袋東口店@池袋 (中華定食)

No.32

食べログ

ラーメンデータベース

07/10/13 訪問

場所:各線池袋駅東口方面。サンシャインへ続く道を直進。松屋がある角を左に曲がってすぐ。「かけらーめん」の看板が目立つ。

客層:以外にグループ客が多い。1人客は少なめ。池袋のちょっとアレな感じの人多目。

店内:壁際にカウンター、フロア中央も1人客向けの柱を囲むようなテーブル、そしてテーブルがいくつか。結構広い。でもこのレイアウトと実際の客層が合っていない。

予算:1000円未満。500円切れる。

ひたすら安さを売りにしている店。その期待に沿うかのように、店員のレベルは低い。カウンター席めちゃめちゃ開いてるのに3席並びの最後に詰め込まれたものなあ。

同種の店である日高屋とかだと、安いのはベースのラーメンのみで他はそうでもなかったりするのですが、この店はラーメンならほとんどが500円以下で食べられるようですね。そしてチャーハンの種類も結構豊富。そしてどれも500円以下。この安さは中々凄いと思う。

そんな中定食を注文。定食は600円前後。負け組かもしれない。味はまあこんなものか、という感じ。デフォルトでご飯の盛りが結構良く、量的にはかなり満足できる。

アラカルト的なセットメニューが弱い(定食以外は単品の注文のみ)気がしたけれど、この安さは中々良いんじゃない。客層が気にならなければ、1人で軽い食事を取る場所として良いかも。ちなみに看板メニューのかけらーめん、名前と280円という値段から、ねぎだけのラーメンを想像していたのだが、写真を見る限りもやしとかひき肉とかのっている模様。これは試してみても良いかもなあ。
[PR]
by fyama_tani | 2007-10-13 23:06 | 都内食事

つけ麺屋 やすべえ 池袋店@池袋 (つけ麺)

No.31

公式

食べログ

ラーメンデータベース

07/10/05 訪問

場所:各線池袋駅東口方面、サンシャインへ続く道に入り、ケンタッキーがある角を右に曲がってすぐ右。JRからだと徒歩5分くらい?

客層:1~2人。年齢層は比較的若いのかなあ?

店内:奥までカウンターがのびていくタイプ。シンプルながら小奇麗な感じ。

予算:1000円未満。

つけ麺の有名店ですよねえ。そして店内そこそこキャパあるのにいつも混んでますねえここ。でもそれなりの価値がある店だと思います。

一番の特徴は並盛り・中盛り・大盛りが全て同じ値段ということか。能書きを見る限り大盛りは並盛りの倍なわけで、逆に並盛りはぼったくられているような気がしないでもない。個人的には中盛りで結構満足できる印象。

あるレビューで、「ジャンクな感じ」と書かれていたけれど、確かに「凄い凝ってますよ!」的な雰囲気は感じない。でも多分そうとう工夫していると思う。具のチャーシューも大きさのインパクトで勝負するのではなく、細く切って食べやすくしているし。

いろいろな種類のつけ汁があるし、トッピングもなかなか充実しているっぽいので、できれば何回か通いたいところだが、いかんせんいつも店外まで行列があるのですよねえ……。そこがネックかな。店員さんの動きは良い水準にあるので、これはもうそれだけこの店が支持されてる、ってことなのだと思います。
[PR]
by fyama_tani | 2007-10-13 22:52 | 都内食事

会津喜多方ラーメン 小法師 大塚店@大塚 (ラーメン)

No.30

公式

食べログ

ラーメンデータベース

07/09/28 訪問

場所:JR大塚北口を出てロータリー方面、駅からみて左奥方向。路地に入ってすぐ右をみるとある。看板が何故か「会津ラーメン坂内」となっているのが紛らわしい。

客層:1~家族連れまで。地元民が多いのかな。

店内:壁沿いにカウンター席+テーブル席。店内には会津の民芸品が飾り付けられていたり、メニューと一緒に会津の観光ガイドがあったりして、中々面白い。

予算:1000円未満。

喜多方ラーメンの有名店、坂内食堂がチェーン展開する店。ネットで調べる限り喜多方の坂内食堂はおばちゃんの個人経営のような小さい店っぽいが、これは息子さんがそうとうなやり手だったとかそういうところか?

で、何故か坂内を名乗る店と小法師を名乗る店があるらしい(HPでは一緒に扱われている)。直営かフランチャイズかの違い? でもこの店は看板だけ坂内で、店内は(メニューに書かれた店名とか)完全に小法師。良く分からない。

チャーシュー麺の写真がインパクトがあったので、それを頼む。どんぶりを完全に覆うほどのチャーシュー。ねぎチャーシュー麺というものもあって、ただのチャーシュー麺は一見ねぎが見えなかったので、具がチャーシューだけという極めて前衛的なものかと身構えたが、チャーシューの層の下にねぎとかメンマとかちゃんといた。

個人的に喜多方系の加水率の高い麺が好みということもあって、なかなか好印象。チャーシューもやや塩辛く感じる時があったけれど、なかなか良い。でも流石にどんぶりいっぱいの量は飽きる。写真を見る限り、普通のラーメンでも結構チャーシュー多目な感じだったので、これとライスを頼むのが勝ち組ではないでしょうか。これはご飯に合うような気がする。
[PR]
by fyama_tani | 2007-10-13 22:41 | 都内食事

すがもらーめん@巣鴨 (ラーメン)

No.29

公式

食べログ

ラーメンデータベース

07/09/27 訪問

場所:JR巣鴨駅北口を出てロータリー方面、駅からみて右奥方向。大きい看板があるので分かりやすいと思う。

客層:1~2人。ラーメン屋にしては以外に女性客が多い(1人、グループ共に)印象。

店内:奥までカウンターがのびていくタイプ。ラーメン屋というよりちょっと凝った感じの居酒屋風な内装。

予算:1000円未満。

電車が巣鴨駅で動かなくなり、そういえばこんな店があったなあと思って行ってみました。よくある東京豚骨系の店ですね。

そしてこれまた良くあるタイプの麺の固さ・味の濃さ・油の量をオーダー時に3段階から選べるシステム。これいつも良く分からないんすよ。何も言わなければデフォルト設定とか、そういうシステムにしてくれないだろうか。店員によっては切れ気味で聞かれたりするし、本当意味分からない。この店はそういうことはなかったけれど。

そういうわけで全部普通でオーダー。出てきたスープを一口飲んで、あれ薄い? ラーメンのスープってもっと濃くないか? 反面チャーシューは濃い味付け。バランスのとり方が良く分からない。

気づくと回りの客はみんな味濃い目でオーダーしてる。なるほどそういうことか。いやでもやっぱり何か納得いかんなあ。巣鴨なら多少歩くけれど千石自慢ラーメンの方に行ったほうが良いかと。
[PR]
by fyama_tani | 2007-10-13 22:28 | 都内食事