<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

インデアンカレー 丸の内店@丸の内 (カレー)

No.37

公式

ぐるなび

食べログ

07/11/11 訪問

場所:JR東京駅丸の内南口から有楽町方面へ。はとバスの乗り場を越えた辺りにある商業ビル、TOKIAの地下1Fのレストラン街の一角。徒歩5~10分。

客層:1~2人。やや年齢層は高め(30~50代中心)。

店内:厨房は奥。ただしご飯の盛りとカレーかけは客の目の前で。このスペースを囲むようにカウンターが置かれる。(このランクの店にしては)なかなか品の良い内装。

予算:1000円前後。

大阪が発祥のカレーチェーン店ですね。東京はこの1店舗のみです。梅田で食べた感動が忘れられなくて来ました。

やっぱり2度食べてもからくりが全く理解できないのですが、このカレー、一口目は甘く感じるんです。でも2口目からは結構辛くなる。そして食べ終わる頃には、「結構辛いカレーだったなー」となるのです。どういうスパイスの調合をしたらこのような味になるのでしょうか? この不思議さを味わうだけでもここに来る価値があると思います。

あと、ここでは注文してから店員さんの動きを決して見逃してはいけません。カレーなので注文後に店員がやるべきことは皿にご飯を盛って、ルーをかける、ただそれだけなんですけど、それが完全な分業制になっています。そしてルーかけは(おそらく)一番偉い人がやってる。どんなに注文が入っても決して他の人にはやらせない。そのルーかけは、もはや芸術の域です。具とかはいたって普通、良もそんなに多くないので、730円という価格設定はやや強気な感がありますが、このうち200円くらいは店員の動きをみるために払っているようなものですな。

梅田の店は大阪発祥とは思えない凄い殺伐感がまた魅力的だったのですが(でもやるべきことはきちんとやっている。食べ終わった頃を見計らって無言で楊枝を出してくるその間合いの取り方は凄いと思った)、ここは若干ソフト? そして付け合せのキャベツのピクルス(カレーを頼むと自動的に付いてくる。これも独特な感じで食べてみる価値有)を、最初に出された場所から動かしていたらカレーが出てくるときに元の位置に戻された。これはやりすぎのような。

とにかく、いろんな意味で通常のカレーとはワンランク違うものを魅せてくれる店です。今度はカレースパゲッテイ(まあライスがスパゲッティに変わっただけのものなのだが)にも挑戦してみたい。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-11 22:55 | 都内食事

初代けいすけ@本郷 (ラーメン)

No.36

食べログ

ラーメンデータベース

07/11/06 訪問

場所:丸ノ内線本郷三丁目駅から本郷通りを東大方面へ。赤門の差し向かいからやや駅側に寄ったあたり。徒歩5分程度。

客層:学生とサラリーマン的な感じの人が大体半分くらい?

店内:厨房を囲むようにカウンター。店内はかなり狭い。黒を基調にした内装。あと何故かスパイス類が外に向けて飾られている。

予算:1000円前後。

今のところオンリーワン路線が成功しているとされるラーメン店なんですかね。黒味噌ラーメンというのがそれ。味噌をベースに、竹墨を入れているから黒くなる。スープはかなりスパイシーな感じで、あんまり味噌という感じがしない。実は味噌ラーメンとカレーラーメンというのは近い位置にある食べ物なのかもしれない、と改めて思った。というか前に食べた時から1年以上開いているのですが、味が変わったような気がする。

ここは具が良いですね。野菜の炒め方が絶妙というか。加えてかなり熱々なのが全体的にプラスに働いているような気がします。単に珍しいものを作ろう、というだけではなくて、ちゃんと全体を考えているのがそこそこ売れている理由でしょうか。麺大盛り+ライス無料というのも中々太っ腹。まあ、よほど食べる人でない限り両方合わせるのは得策ではないと思いますが……。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-11 22:32 | 都内食事

石田衣良『電子の星―池袋ウエストゲートパークIV』

No. 108
文春文庫:2003
☆☆☆
「うちのオヤジは腕はよかったが、ギャンブル好きでな。よくあることだが、人間自分の苦手なものほどのめりこむもんだ(後略)」

なるほど。あらゆることが苦手な私はだから何にものめりこめないのか。

この短編集は比較的どれも当たり外れのブレが少ないので読みやすいです。どうやら1作目からちょっとずつ時間の経過があるようですが、それが分かりにくく感じるのがシリーズ全体としてちょっとマイナスか?

4作目。ドラマ化もされて、氏自身かなり有名になってきた頃に書かれたものであると考えられます。それに呼応するように、マコトの事件との関わり方も全3作とはちょっと変わってきていると感じました。具体的には、コラムニストとしての自覚が増えており、またコラムニストとしての顔が認められつつある、という状況を利用している作品が目立つようになっている。これはそのまま、氏をとりまく環境の変化とも関係しているのでしょう。

例えば、「ワルツ・フォー・ベビー」の後半は、「コラムニストとしてのネタ集め」がマコトの第一行動理由になっており、また登場人物の幾人か(上野のチンピラ。当然それまでマコトとの接点はない)がマコトのコラムを読んでいる、という設定になっている。「電子の星」に至っては、対決するSMクラブ側にマコトのトラブルシューターとしての顔を知っている人間が出てくる、と(このシチュエーションはおそらく初?)。そもそも「電子の星」の事件に首を突っ込むきっかけになったのがネット経由の飛び込みメール。だんだん名探偵然としてきましたねえ。

また、本作においては短編の構成順序も良い。「黒いフードの夜」でビルマ(ミャンマー)からの難民を扱い、「まあ日本の方がマシかもしれんが天国というわけではないよ」という描き方をした直後に「電子の星」での山形の描写。前作「西一番街テイクアウト」で勝ち組と負け組は常に入れ子構造~みたいな描写があったけれど、それを作品間で成立させたというところでしょうか。

関連本→
桜庭一樹『少女七竈と七人の可愛そうな大人』:これの地方都市の書かれ方も容赦ない。でもそんなものなんですよね。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-10 15:22 | 本:国内ミステリ

法月綸太郎『生首に聞いてみろ』

No. 107
角川文庫:2004
☆☆☆☆+
「うん。理由を聞いても、まともに取り合ってくれない。自分の胸に聞いてみろと、わけのわからんことを言うばかりでね。そんなふうにされたら、こっちもだんだん腹が立ってくる。芸術家肌なんて言い訳は、身内には通用しないから(後略)」

身内以外に通用してしまう、というのも問題なような。いい大人だったら。

この人は同名の主人公、法月綸太郎を探偵役にした話を延々書いているのですが、俺はこれが初めてです。「このミス」1位ということで。

万人受けするとは思えなかったけれど、凄く面白かった。素直に謎解きの楽しさを魅せてくれる作品です。論じられていることをストレートに表現してしまうと、「首がない」とか「入れ替わり」とか古典的な感じがあるのですが、石膏像(重要な登場人物の1人に石膏像を専門とする現代彫刻家がいる)を間に挟んで、非常に現代的に彩ってくれています。

確かに素人探偵の綸太郎はともかく、警察がそこまでミスしねーだろみたいな点はありますが、別に実録警察小説というわけではないし、それによって事件に新しい光が当たっていくという点では、悪くはないと思います。ご都合主義的な解決編もね。偶然が大きな要素になっている作品、最近はそれなりにあるから目くじら立てるほどのことでもないと思うけどなぁ……。

あと、この作品良い意味で2時間ドラマ向きだと思う。キャラクターがそれなりに立っているし、石膏像というのは映像的にもインパクトがあるだろう。また、家族を扱ったお涙頂戴ものと捉えることもできる。警察の描写も(前述したようにあまり本気っぽい感じではないあたりが)割とコメディタッチで脇が光りそうだし。そしてトリックも原作に忠実にやってくれればそこら辺に転がっているものよりずっとクオリティの高いものになるんじゃないでしょうかねえ。

関連本→
有栖川有栖『双頭の悪魔』:これも解決編までの思考の転がり方で大分楽しめる作品。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-10 14:36 | 本:国内ミステリ

つけそば 黒門@新宿 (つけ麺)

No.35

ぐるなび

食べログ

ラーメンデータベース

07/11/04 訪問

場所:各線新宿駅西口方面。小滝橋通りを進み、すき家がある路地を入ってちょっと行ったところ。駅から徒歩5分くらい。

客層:サラリーマン的な感じの人中心。

店内:厨房を囲むようにカウンター。あとテーブル少し。なんちゃってレトロ風の内装。

予算:1000円前後。

つけ麺の中でも特に麺にこだわりを持った店なのだと思う。何か特殊な名前が付いてた。その麺、デフォルトでも結構盛りが良く、更に太麺なので中々食べ応えがあります。ちなみに麺少な目も可。この場合値段が変わらず味玉が付いてきます。一見ありがたく見えるけれど、やっぱりおせっかいなのかも。

つけ汁は好き嫌いが分かれるかな。かなり酸味が強い。自分的にはあまり合いませんでした……。ゴマと七味が入れ放題となっていて、それらを入れたらそれなりに食べられるようになったかな、と。だからむしろ辛めの方が良いのかも。「麻辛丸」ってやつ(真っ赤なつけ汁)にすれば良かったですかね。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-09 23:38 | 都内食事

中西智明『消失!』

No. 106
講談社ノベルス:1990
☆☆☆☆+
本書では、この人間消失テーマを「無差別殺人(もちろん本当はそうではありませんよ)」という、おなじみの枠の中で扱ってみました。
(カバーの「作者のことば」より)

一見何気ないけれど、読み終えるとこれがいかに意味深な書き方かが分かるよなあ。というか、これを見る限りこの人まだまだ書けそうな気がするけれど。

タイトルだけはやたらいろいろなところで見かけていて、どうやらどんでん返しらしい、という事は聞いていたのだが、このたびめでたく復刊されて簡単に読めるようになったので読みました、と。

時代設定と舞台は同じ、しかし異なる3つの視点から殺された「マリー」、「裕二」、「純」を中心とする話が展開されています。凝った作り。ベタベタな探偵さんが出てきたりしますが、まあ我慢して読み進めて欲しい。

そして肝心のどんでん返しですが、一般的には第4章1節のラストがそれに当たるのでしょう。たった一度しか使うことができないであろう、もの凄い背負い投げ。ただ、このトリックはその瞬間に本を破り捨てられてもおかしくない要素をはらんでいる、諸刃の剣的なものだと思います。

でもここで破り捨ててしまってはもったいない。この後最後までテンションを落とさずしっかり話を着地させているのは中々凄いと思います。

それだけに、この人がこの一作で終わってしまったというのは何か勿体無い。最初のネタばらしだけだったら一発屋かなー、とも思うのですがしっかり多段で決めているし、文章もその当時の新本格さんよりうまいような気がするし……。これより上のものを書かないといけないというプレッシャーですかねえ。確かにそこにハードルを設定してしまうと難しいような気がする。

とにかく、一発の驚きを求めるならば、押えておいて損はない作品だと思いますよ。

関連本→
アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』:事件の収束っぷりが近いような気がした。どちらもネタバレ厳禁だからあんまり詳しいこと書けないけれど……。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-09 22:59 | 本:国内ミステリ

ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』

No. 105
文春文庫:2000
☆☆☆☆
「”陸に上がった魚のよう”という言葉の意味を説明できるものは?」
 若きライムは答えた。「不得意、勝手が違うという意味でしょう。戸惑う、とか」
「そうだな。しかし、水から出た魚はどうなると思う?」白髪交じりの刑事はライムに鋭い目を向けた。「魚は戸惑ったりしない。ただ死ぬんだよ。捜査官にとって最大の脅威は、未知の環境に放り込まれることだ。忘れるな」

似たようなので、「野球で9番バッターの次は何だ?」と監督に聞かれ、「1番です」と答えたら「違うよ。9番の次はベンチだ、2軍だ。もうスタメンでは出られないということだ」と言われたというエピソードを思い出した。

リンカーン・ライムシリーズその3。このシリーズは海外物にしてはかなり読みやすくて好みですね。全二作と決定的に違うところは舞台がニューヨークではないというところでしょうか。土地勘がなく、また回りの人材にも恵まれないと、たとえ本人がどれだけ優秀でも物凄く苦労する、ということが前面に押し出された感じ。

『コフィン・ダンサー』と同じく、重要容疑者の視点でも物語が進む。それを踏まえた上での騙しのテクニックは堂に入っているという感じです。この人はどうやれば読者を騙せるか完全に理解した上で書いていますね。終盤にかけての畳み掛けるような多段オチは中々。ここまでやれる作品はそう多くない。

ただ、その多段オチのとっかかりとなる部分には疑問が残りますかね。GC(作中ではこう書かれていることが多いが、多分GC-MSだと思う。GCだけじゃあれだけ詳しくは分からん)で最初から検出できないのか? と思いました。いや、可能性としてゼロの話ではないのですが(○○と××の化学式を比較すればそれがアリかどうかは推測つく)、アリならばライムがそこに言及していないのはおかしい。ここは科学的なリアリティよりも話の面白さを採った、ということでしょうか?

関連本→
京極夏彦『塗仏の宴』:ここで繰り返し言われる「どんでん返しは一度で終わると限らない」というのがインパクト大。この多段オチ構造も凝ってますねー。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-04 21:52 | 本:海外ミステリ

八福食堂@田端 (中華定食)

No.34

07/10/25 訪問

場所:JR山手線田端駅を出て田端新町方面へ。東田端下仲商店街へ入り、出口(踏切手前)の直前にある。駅から徒歩7分程度。

客層:1人の客から3~4人のグループまで。多分最寄駅が田端駅以外の客はいない。

店内:厨房を囲むようにカウンター、あとテーブルが5~6個。そこそこキャパはある。

予算:1000円前後。

はいウチの近く(帰り道の途中にある)です。もともとここにはラーメン屋があったのだが、行かずにいるまま潰れ、この店になった。西日暮里~田端にかけて「八天将系」? と読んで良いのか分からないが焼肉屋を中心とした飲食店がいくつかあって、これも多分そのうちの一つ。

内容は、まあ無難な感じの定食屋ではないでしょうかねえ。ご飯の大盛り無料。で大盛りにすると山盛りで来る。ガッツリ食べにいくならこのサービスは悪くない。スープは魔法瓶に入れたものを注いで出してくる。だが何故かレンゲが金属製で、そのお陰で結構熱いかのような錯覚を受ける。

まあ電車に乗ってまで来るような店ではないですが、日常使いとしては悪くないという感じ。今度麺類も食べてみますかねえ。田端は飲食店が絶望的に少ないので、これでもかなり貴重。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-03 18:32 | 都内食事

瞠@池袋 (ラーメン)

No.33

ぐるなび

食べログ

ラーメンデータベース

07/10/24 訪問

場所:各線池袋駅東口方面。サンシャインへ続く道をひたすら直進、首都高と交わるところで左、駅から歩いて10分弱程度。確認していないが有楽町線の東池袋駅からの方が近い?

客層:サラリーマン的な感じの人中心。客層は比較的落ち着いていると思う。

店内:カウンターのみ。椅子の足が高く、店員を見下ろすような感じになる。

予算:1000円前後。

駅からは結構離れている上に、そんなに店の存在をアピールしていない外観なので、行列ができるって感じの店ではないです。でも私の中では池袋でもっとも好きなラーメン店ですかね。

店のウリは魚介スープ。店内にはそれ系の匂いが立ち込めています。そしてスープの味も期待を裏切らない。半分くらいまで食べたところで一回水で口をゆすいでスープを一口飲んでみると更に実感できるはず。

あと、この店は具の一つ一つにもぬかりがないというか、「ちゃんとこだわって作っていますよ」感があるのが良い。メンマあたり通常はあんまり店ごとの違いが見られないものだが、この店の極太メンマは明らかにレベルが違う。

ラーメンの完成度だけでなく、店員のレベルも高い。基本的にカウンターは1人で取り回していて、その接客の完成度が高いのは当然として、その店員の手が埋まってしまった場合にもきっちり厨房からフォローが入るというのは中々見られない。カウンターに3~4人いても何もできない店が山ほどあることを考えると、これはラーメン屋という形態においては珍しい。

一点だけ不満があるとすれば、壁に貼られた「濃厚魚介スープ」の貼り紙かなあ。わざわざこういう形で誇示することがあまり良いとは思えないし、そもそも物凄く安っぽいつくりで、折角の凝った内装が台無し……。店のレベルの高さを考えるとこれはあまりに勿体無い。
[PR]
by fyama_tani | 2007-11-03 18:20 | 都内食事