<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

嶽本野ばら『下妻物語 完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』

No. 121
小学館:2005
☆☆☆
「けど、井の中の蛙とは、よくいったものだよな。胃袋の中にいたんじゃ、何も買えないものな。喉を通って口から出るか、ケツの穴から出るか、どちらにしろ外の広い世界に出なけりゃ、欲しいものは買えずじまいだ」

これ、「胃の中の買わず」と勘違いしてるってすぐに変換できました? 作中でも感心されてますが、物凄いミスリードです。

映画化された『下妻物語』、その続編です。キャラクター勝ちだよなあ。ロリータ少女はともかく、こんなヤンキーでも下妻ならばいるかもしれない、と思わせるその絶妙の舞台設定がナイス。

サブタイトルにもある通り、ロリータ少女の桃子とヤンキーのイチゴが、今度は殺人事件に巻き込まれる、と。しかし登場人物は全てバカなので、まともな議論を期待してはいけない、という作り。

前作では比較的まともに書かれていた桃子の祖母もトランス踊ってたりするし、BABY, THE STARS SHINE BRIGHTの礒部社長もガンオタであることが発覚したり……もう締める人がいないというのも小説としてどうなのかと思いますが。ってか、礒部社長って社名含めて思いっきり実在の人物なわけだが、いいのかこんな書き方して。

これで完結、ということで物語を着地させるために、桃子の精神的な成長過程を織り込んだ作りになっています。そのためか、ここまでぶっ飛んだ登場人物たちの割には小さくまとまってる、という印象も受ける。この路線でずっと書き続けてくってのもそれはそれで微妙だし、2作ですっぱりやめる、ってこと自体は悪くないと思うけど(それに、作者逮捕されちゃったし)。あー、でもこの後すぐに開通するつくばエクスプレスでアクセスが飛躍的に良くなった後の設定も読んでみたいかも。秋葉原の書かれ方も若干変わってくるだろうね。

ミステリとしては、ある作品のネタバレが思いっきりされていることに注意。超有名作だし、「そのくらい読んでおけコノヤロウ」という作者のメッセージなんだと思います。ミステリとしての骨格をlこの作品に求めちゃいけないんだろうし。でも桃子がそれなりの量のミステリを読んでいるというのは何か不自然な。『黒死館殺人事件』について語れる高校生とか凄く嫌だ(でもちょっとうらやましい <未読)。

関連本→
舞城王太郎『暗闇の中で子供』:これもミステリっぽく見せておいて、その実ミステリを期待してはいけない作品。というかこれこそ「アンチミステリ」だと個人的には思うのだが。
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-27 22:31 | 本:国内ミステリ

中町信『天啓の殺意』

No. 120
創元推理文庫:1982
☆☆☆☆+
「(前略)つまり、密室だ、アリバイだっていう犯人側のトリックは、すでに限界にきてると思うの。だから、わたしはね、これからの新しい本格推理小説は作者の――」

でやっぱそれって、「小説だから」できることだと思うんですよね。前者は映画でもドラマでもマンガでもできる。

叙述トリックを書いてコアなファンを持っている人の復刊その2。『模倣の殺意』もそれなりに凄かったけれど、頭の弱い自分にとってはちょっと複雑過ぎかなー、もう少しシンプルにしても良いかなー、という感じでした。

本作は、雑誌編集者、花積明日子のところに推理作家の柳生照彦から「犯人当てリレー小説」の提案がなされるところから始まります。いわく、自分は「問題編」となる文章を書いてきた。これをもう1人の作家に送り、この内容から「解決編」を執筆してもらいたい。その内容を受けて、私が本当の「解決編」を書くと。

しかし、柳生から渡された原稿はただの小説じゃなくて、どうも猪苗代湖畔で実際に起きた殺人事件をそのまま扱ったものらしい。しかも関係者全て実名で、というのがキーポイント。

実は本文中で「問題編」の原稿がどの部分か、きちんと明示されているわけではないのですが、後半のディスカッションから、どうも最初の部分は「問題編」らしい、ということが分かる構成になっています。いわゆる作中作を巧く取り込んだ、というタイプ。

これ以上はネタバレになるので書けませんが、この斜め上を行く解決法は凄いっすね。ただ、「作中作を使ったトリック」というものが存在するということを知らないと驚きが分からないかも。その辺りはちょっとマニア向けだなー。

あと、ちょっと変わった趣向として、この作品、「意外な犯人」だけでなく「意外な○○(明かしてしまうとネタバレ)」が出てくる話と取れますね。ラストで「お前誰だよ」的な感想を持ち、その必然性の高さに二度驚きました。うんこれは凄いね。人に勧めにくいけれど。

関連本→
折原一『倒錯のロンド』:これも叙述を使ったもので、やはり人には勧めにくいけれど、サスペンス的な趣向もあったりでまだ読みやすいと言えるか?
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-27 16:20 | 本:国内ミステリ

井沢元彦『新装版 猿丸幻視行』

No. 119
講談社文庫:1980
☆☆☆☆☆
「先輩の東条英機中尉殿だ。同じ連隊にいる。よく覚えておけよ。あの人はきっと大物になる」

歴史扱った作品における(脇役としての)若き東条英機ってこういう扱いされること多いですよね。実際かなり目立たない人だったらしいですが。

ひょんなことから現代の大学院生、香坂明は民俗学の巨人、70年前の日本、折口信夫の若い頃の意識に入り込む。そこで折口は友人から見せられた暗号を通し、百人一首にまで選ばれながら実在すら怪しいとされている謎の歌人、猿丸太夫の謎とそこに潜む歴史の秘密に切り込むことになる――というお話。

歴史の謎と、その鍵となる暗号、ってどこかで聞いた事あるモチーフだと思いませんか。

そう、『ダヴィンチ・コード』と一緒ですね。もちろん、キリスト教に関する秘密と一歌人に関する秘密だったら、欧米的には前者に興味がいって然りだと思いますが、日本には既に20年前にやられていたのです! しかもこっちの方が多分圧倒的に凄い。

さて、折口信夫の意識に入り込む香坂ですが、設定では「入り込んだ人物の目を通して当時の物事を見聞きできる」が、「入り込んだ先の人物の行動には全く干渉できない(し、入り込まれた本人も全く気づいていない)」となっています。だから基本的には折口の身の回りの出来事、として物語は進み、過去のパートで香坂は全く出てきません。だったら最初から物語の舞台を折口の学生時代一本に絞れば良いじゃん、香坂いらないじゃん、という感じもしますが、普通人が小説を読む時における小説の登場人物と読者の関係と入れ子になっている、というメタ的な趣向の一つなのでしょう。

さて、題材が万葉史、さらに「一千年の間誰にも解かれることのなかった暗号」というわけで、専門資料からの引用が割と膨大になります。このあたり、暗号の解き役を折口信夫の「学生時代」としたことが非常にうまく効いていますね。すなわち、これだけ難解な(とされる)暗号を一般人が解いてしまうのは変な話といえば変な話だが、後に偉大な業績を立てる実在の人物ならこれくらいするかなあという気にさせますし、でも学生時代なんで、多少論点が荒っぽくなっても仕方ないじゃん、という言い訳も可能。この辺絶妙。

あと、暗号という題材を扱うにあたって、この20世紀初頭という時代設定はおそらく自然に使える最後の時代かなと思います。今は人間が解くのが不可能な暗号が死ぬほどあるので(その点、『ダヴィンチ~』は単純なクリブ式なので、「誰も解けなかった」というのが凄い不自然)。この時代だとそういう暗号はまだ国家秘密級だったから一学生の折口らがその可能性を考えなかったのも自然。その辺りもうまい(似た例として、島田荘司の『占星術殺人事件』における科学捜査の扱いがある)。

以上のような絶妙な采配のもと、解き明かされる暗号は圧巻。良くこんなの作るよなー、と思います。暗号(これは作者の創作)と平行して語られる猿丸太夫論に、歴史学的な価値はおそらくないんだろうけれど、一つのお話として高い完成度ですよね。

乱歩賞ということで殺人事件も出てきますが、これは正直なくても良かったかな。見た目はそこそこ派手ですけどね。連続の必然性があまり感じられなかった。暗号の部分の完成度が高かっただけにちょっと残念かも。

新装版が出たということでかなり手に入りやすくなっているはず。日本人なら『ダヴィンチ・コード』読む前にこれでしょう。

関連本→
高田崇史『QED 百人一首の呪』:ここで展開される百人一首論も圧巻。歴史ミステリに事件はいらないという好例。
竹本健治『トランプ殺人事件』:この多段暗号も圧巻。こういうこと思いつく人って普段どういうこと考えてるんでしょうかね?
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-20 18:20 | 本:国内ミステリ

キッチン・カロリー @御茶ノ水 (洋食)

No.38

食べログ

08/01/20 訪問

場所:JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口を出て左、横断歩道渡って次の路地を左に入って少し歩いたところ。他にも何店舗かあって、明大通り沿いにある店舗(これが本店か?)の方が分かりやすい。

客層:1~2人。基本的に男性のみ。

店内:厨房は奥。壁沿いにカウンター。奥にテーブル席がありそうな雰囲気だったが、確認していない。年季の入った内装。

予算:1000円前後。

御茶ノ水では老舗の部類に入る洋食屋さん。いかにも、「貧乏学生の味方です!」的な雰囲気を発散しているという印象。

この店の名物は、店名にもなっている「カロリー焼き」。牛バラ肉と玉ねぎをガーリック醤油で炒めたものっぽい。鉄板の上にカロリー焼き+α、それにごはんとスープが付く、というのが基本スタイル。

先に書いたようにスタンスは学生向けなのですが、実際のところ値段はそんなに安くない。吉野家だのなんだのの大手チェーンが大量出店している現在としては、少なくとも金ない人の第一選択とはならないなー、と思いました。味も値段に見合ってるとは思えないしね。牛肉はかなりスジ入っていたし、一緒につけたポークカツもまた同様。おそらく、これができて数年の店だったらすぐ潰れているでしょう。

既に貧乏学生のお腹を満たす、という目的は終えて、その当時お世話になって今は高給取りな方々が昔を懐かしむための店、という捉え方が妥当なんじゃないかなあと思います。
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-20 17:55 | 都内食事

直木賞おめでとうございます

第138回直木賞は桜庭一樹さんに決定!
http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/index.htm

ついに獲りましたね。おめでとうございます。というか候補作一覧だけしかフォローしていなかったのですが、版元が天下の文藝春秋だったのね。新潮社(『青年のための読書クラブ』)と勘違いしてた……。そりゃ鉄板かも。

ライトノベル出身ということで叩かれることもあるんだろーけど、別に珍しいことじゃないし。ざっと思いつくだけでも、桐野夏生、唯川恵、山本文緒、角田光代あたりがライトノベル系出身の直木賞作家ですかね。この人たちに比べると、受賞時の現在においてもライトノベルへ比較的重めに軸足を取っている、という点が珍しいっちゃ珍しいのかもしれませんが。

この事実から、2,3年位前には「(一般文芸界において)次はライトノベル系出身の男性作家が来る」と勝手に思っていた時代もありましたよ……。具体的には、乙一、冲方丁、西尾維新とかそのあたり。でもまともに書かないか、それぞれの得意分野から出てこないという現況のような印象しか持てないので、この予想ハズレ。

これとはちょっと話変わるが、今回も候補に挙がってる古処誠二が獲れば面白いと思う。(記憶が正しければ)メフィスト賞出身者で初だし、そしてもうこの人以外獲れそうな人が見当たらない……。まあ講談社から全く出していないから既に決別してるのだと思うけど。

桜庭一樹過去ログ↓

『少女七竈と七人の可愛そうな大人』

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない-A Lollypop or A Bullet』

『ブルースカイ』

『赤朽葉家の伝説』

『少女には向かない職業』
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-16 23:36 | 雑記

桜庭一樹『少女には向かない職業』

No. 118
創元推理文庫:2005
☆☆☆
 海の男は強くてたくましいけれど、不景気とか怪我とかうつ病とかで働けなくなると、急にくずになる。

その点私のようなプーならば最初からくずだから、期待のされようがない分有利なんですかね?

もうね、タイトルがどんなP・D・ジェイムズかと。そっちは読んでいないのでタイトル以外の関連性は実はわかっていないのですが。

山口県の島(!)に住む中学生、大西葵が主人公。彼女が二人の人間を殺すまでの道のりが描かれた作品、とざっくり言えばそうなる。冒頭で二人殺していることを宣言するとか、『歯と爪』を思い出しましたよ。

このように、随所に古典ミステリへのオマージュが見られる本作。新本格初期あたりの作品だと「わかって当たり前」みたいな雰囲気で若干引くのですが、これとか伊坂幸太郎みたいな最近の作品はソフトな感じで好感持てますね。『伯母殺人事件』読まないとなぁ……。

話の内容自体は、『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』でのテーマをより一般的な本読み向けにリライトした、という印象を受けました。この後の作品群と比較するとちょっとトーンダウンするかな……。

関連本→
貴志祐介『青の炎』:青年期の主人公の倒叙もの、っていうとこれと比較されかねないような気がする。これに関しては、犯罪計画とか一見緻密なんだがちょっと滑ってるように感じた。『少女には~』はその辺の適当さを理解して書かれている点が好印象。
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-13 21:53 | 本:国内ミステリ

桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』

No. 117
東京創元社:2006
☆☆☆☆☆
他校でも他県でも、じつは同じ時期に、同じ年に生まれた(注:丙午)剛の女たちが一斉に決起して、それが後に少女暴走族、レディースの全国的ブームに繋がるのだが(後略)

これ結構一般的に言えること? 確かに時代は一致しているような気がするけれど。丙午に科学的根拠はないと思うけれど、何か興味深い。

去年辺りからこの人の作品を本格的に読み始めたのですが、その当時最高傑作とされていたこの本に関しては、買ったままずっと放置されていた(ハードカバーなので持ち運びが面倒)。

読んで、放置していたのを軽く後悔した。

鳥取で製鉄業を営む旧家、赤朽葉家が舞台。拾われっ子から請われて赤朽葉家に嫁入りし、やがて「千里眼奥様」と呼ばれるようになった万葉、その娘、孫の毛毬、瞳子、それぞれに商店を当てた三部構成となっています。ちなみに、瞳子は語り手の役目も負っていて、万葉と毛毬の部分は瞳子が彼女達から聞いた内容、という設定。戦後まもなくの万葉の時代から現代の瞳子の時代までの一代記、ととれるでしょう。

昭和史に関しては、実際にあったエピソードをフィクションの世界にうまく落とし込んでるなーとは思うけれど、まあそれだけといえばそれだけ。参考文献を全部フォローすれば読む必要ない、『ダヴィンチコード』的な内容だと思われます。それが第一部と第二部。

で、第三部冒頭で瞳子が「語るべき新しい物語はなにもない」と宣言したところからが本当の凄いところだと思う。すなわち、特別なバックグラウンドがなくても「神話」がアイデンティティを支えてくれた万葉の時代、それがなくなったけれど暴走族とかバブルとか、自分なりのフィクションを作ることに事欠かなかった毛毬の時代があった上で、現代の普通の人にミステリ的な事件をやらせるためにはその中でもかなりの異端者であった万葉と毛毬のエピソード、そして赤朽葉家という特殊な舞台設定がないと成立しませんよー、というそのためのフリ。

『ブルースカイ』も三部構成の第三部で再構成を狙った作品で、でもちょっと特殊すぎて一部にしか受け入れられなかった感(俺は好きだけど)があるのに対して、本作は第三部の主人公、瞳子もそれなりに動いていて(いわゆるニートだけど)物語を作っているし、それで物語自体を破綻させていない、というあたりがステップアップなんでしょうね。

構成だけでここまで読ませるってのは中々凄いです。ミステリとしての処理も巧いし、それだけの話ではないからそれ系を敬遠する人にもOK。というわけでどなたもようこそビューティフルワールドへ。

関連本→
舞城王太郎『世界は密室で出来ている』:これも「現代の何でもない人が主人公になるためには何が必要か」という点を凄く巧く処理している。特殊な文体なので人を選ぶけれど。
PSソフト「サガフロンティア2」:親子三代にわたる主人公、孫の代が全ての伏線を収束させる、という点でこれが浮かんだ。多少相同性がある。これ、クソゲー言う人も多いけれど、きちんとシステムが理解できれば(システム説明がいい加減なことが問題だが……)、かなり凄い作品であると気づくはず。
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-13 18:08 | 本:国内ミステリ

2007年年末に読んだ本

2007年ラストスパート。といっても2冊だけど。

宮部みゆき『東京下町殺人暮色』
No.115
光文社文庫:1990
☆☆☆

宮部みゆきの割と初期の作品。いまさら補完。登場人物に親子がいて、その父親が警察官、という設定はありがちだけど、父子両方同じくらいに重きを置いて名前で書き分けるというのは中々珍しい。

それ以外にも、お手伝いさんのおばあちゃんがいるような「一般家庭でそんな贅沢な。非現実的な」な設定や、犯人の動機とかにこの人らしさが全開です。近年の重厚なものが手を出しづらいという人は本書とか『長い長い殺人』あたりを読むと良いと思う。

連城三紀彦『人間動物園』
No.116
双葉文庫:2002
☆☆☆

この人は技巧派として知られていて、トリックの凄さでは群を抜いているというのだが、それだけマニア受けなものなので、中々本屋で手に入らない、という印象。比較的最近のこれですらあんまり見かけない。

有名代議士の孫が誘拐された、という通報から動き出す、いわゆるありがちな誘拐小説的構成ながら、最後で軽々と裏切ってくれるあたりさすが。誘拐を改めて定義しなおしたその構成は巧いです。

ただ、中盤ちょっとだれるかな。登場人物同士の疑心暗鬼っぷりがちょっと画一的というか、盛り上がりに欠けるような気がした。
[PR]
by fyama_tani | 2008-01-13 17:06 | 本:国内ミステリ