<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008年3月くらいに読んだ本

本読むペースが落ちている時ってバイオリズム的に躁か鬱かというと後者なんだろうね。多分。良く分からないけど。

桜庭一樹『赤×ピンク』
No.126
角川文庫:2003
☆☆☆

祝直木賞。ということでもともとラノベで刊行されてた作品が一般文庫で出たから読みましょう、という流れ(店頭で見るまでこんな作品があること自体知らなかったのですが <無知)。

現代の東京を舞台にしつつ多分に非現実的な雰囲気なんだけど、よくラノベで通ったな、という印象。この人の好きな三部構成ものだけど、ピークが最初の章「”まゆ十四歳”の死体」で来ちゃってる(何故このタイトルなのかというのが明らかになる部分)のが微妙かも。最後に盛り上がりはあるけど、「○○かよっ!」みたいな。

この人の作品は必ず一つは「巧いな」と思わせる文章があるのが良い。本作なら、舞台の廃校の場所を説明する際の、「その道は説明しづらく、一度行っても、二度目のとき迷ってしまうほどわかりにくい。」この一文だけで現実と非現実の区分けを完璧に説明しきってるものなあ。

奥田英朗『イン・ザ・プール』
No.127
文春文庫:2002
☆☆☆

このシリーズの第二作『空中ブランコ』が直木賞獲ってますね。シリーズ最初の連作短編集。風変わりな精神科医、伊良部のもとに来る風変わりな患者たちの顛末を描いたものです。

常識はずれな行動を取り、患者の訴えを解決しようとしているのかしていないのか良く分からない、なのに何故か解決してしまう、という流れは、京極夏彦の多々良センセイシリーズを思わせますね。こちらが精神科医と一見まともそうな職業であるのに対し、多々良先生の方は妖怪研究家と訳分からなかったり(要はプー)、スケールの大きさという点から俺は多々良先生の方が読み物として面白いと感じたかな。

患者に影響されてなのか、伊良部が短編ごとにいろいろなことに手を出しているのですが、そのいずれも別な患者のときに出てこないのがちょっともったいないというか。ひきずって最後の頃にはいろんなことに手を出しまくって訳わかんなくなる、という構成の方が面白い気がする。書く方は大変だろうけどね。

法月綸太郎『頼子のために』
No.128
講談社文庫:1989
☆☆☆

この人の『生首に聞いてみろ』での論理の流れが個人的に好みだったので、この人の転換点とされるこの作品を読んでみた。まず、「娘を殺された。警察は当てにならない。だから自分で調べて犯人を見つけた。復讐する。計画は成功した。自分は自殺する」という内容の一人称手記から入り、その手記をなぞるかのように起きた事件に対して手記を元に主人公が再調査する、という初期新本格にありがちな展開がなされます(この作品がその「初期新本格」ですけど)。

この形式をとる以上、「世間一般では終わったとされる事件を何故事件とは関係ない第三者が再調査する必要があるのか?」という問題から逃げられないと思うのですが、本作はその辺りの処理が巧いです。マスコミ対策、ねぇ……。

オチが割と想定の範囲内だったのと、そこに至るまでの流れも型通りな感があったのがもったいないかな。犯人との対峙における処理も疑問が残った(というか自分があんまり好きなパターンじゃない)。

中町信『空白の殺意』
No.129
創元推理文庫:1980, 2006
☆☆☆☆+

復刊三部作のラスト。まあ作品同士に関連性はないけど。この作品は、高校野球出場で一躍県下に名をとどろかされた新設校の教師が変死体で発見されるところから始まります。その捜査過程で、その高校が甲子園に行くためにある工作をしたのではないか、という疑惑が出てきて、更には次の甲子園に出場することが決まっている(別な)高校に対しても疑惑がかかったりと典型的な「登場人物全てが疑わしい」パターン。その過程でどんどん人死にが出ます。ちょっとやり過ぎの感もあるけど……。

高校野球って結構特殊な世界かな、という思いが昔からあって、これを題材にした作品とか面白そうだよなあと思いつつちゃんと扱ったものを読んだことなかったのですが、これはそういう意味でストライク。高校野球を題材にしながら出てくる登場人物のほとんど大人たちで、実際の選手は出てこない(置いてきぼりにされてる)あたりもこの世界の怖さをうまく演出してるのかなあ、と。

でラストはお決まりの叙述なのですが、「模倣~」「天啓~」に比べるとちょっとトーンダウンというか、型通りかなあと。でもヒネリはあって、こういう感じで着地すれば、読む前と後でジャンルが変わったように感じさせられるのかあ、と変に関心してみたり。
[PR]
by fyama_tani | 2008-03-30 21:28 | 本:国内ミステリ

康竜 池袋西口店@池袋 (ラーメン)

No.43

公式

食べログ

ラーメンデータベース

08/03/30 訪問

場所:各線池袋駅西口方面。交番のところを五叉路方面へ。ロマンス通り入り口の向かい。JRの北口からが一番分かりやすいか。

客層:30代ぐらいまでで男女1人or2人と結構バラエティに富んでいる、という感じ。

店内:カウンターのみ。1人辺りのスペースが狭く感じた。券売機を店外に出すとか、スペースをなるべく確保しよう、と努力はしているみたいだが……。

予算:1000円以下

ここのウリは「自分仕立てラーメン」というもので、まず食券を渡すと紙を渡され、そこに麺の固さやスープの濃さなどをアンケート形式で答えていく。でそれが反映されたラーメンが出てくると。「自分仕立てラーメン」なら、さらにトッピング8種から4種を自由に選べる。

で出てくるラーメンは博多とんこつ味。特徴としては辛味だれが上に乗っている点(もちろんこれも好みで無しや増量などできる)博多ラーメンといえば替玉だが、替玉をしたい場合にはカウンターにある貯金箱のような箱にお金を入れると自動的に注文完了。つまり店員をいちいち呼ぶ必要なし。

あれ、初めて入った店なのに初めてじゃない気がする。チェーン点の別な店に入ったのかな? でもその店は「一蘭」って名前だったような気がするが。きっと気のせいですね。

まあ、上記はかなり使い古されたネタなのですが。でも辛味だれが入る(これは博多ラーメンでは一般に入っていない)ところまで一緒というパクリっぷりには怖さを感じた。

ラーメン自体は「一蘭」に負けてますね。辛味だれがただのラー油っぽい感じでマイナスっぽい気がするし、麺もそんなにおいしくない……。でもコストパフォーマンスはこっちが優れてる。というか一蘭が高いのだが。750円でトッピング4種(+ネギ、チャーシュー)なら安いというわけではないけどまあまあお徳。あとサイドメニューも一蘭より充実。半ライス+ギョーザ3個で150円なら悪くない。そしてギョーザ割とうまかったぞ。「サイドメニューのみの注文はお断りしています」って店内に貼ってあったけど、これサイドメニューの方がレベル高いってことを暗に認めてないだろうか……。
[PR]
by fyama_tani | 2008-03-30 20:47 | 都内食事

立喰そば かしやま@田端 (そば・うどん)

No.42

公式

08/03/29 訪問

場所:JR田端駅北口を出て右、歩道橋を渡りきり右、ホテル脇の階段を下りきったところ。本気で分かりにくいところにある。公式には写真つきの案内図アリ。これでも分かるかどうか……。

客層:早朝だとサラリーマン中心。労働者風の人も多い。

店内:5~6人も入ればいっぱい。椅子なしで全て立ち食い形式。閉店時は看板も何もなくてこれが店かというような感じ。

予算:500円以下。

立ち食いそば・うどんというと駅構内のそれを思い浮かべる人がほとんどでしょうが、都内にはときどき個人が経営する独立系の立ち食いそば屋もあるんですよね。「路麺」というカテゴリを作って食べ歩いている人もいるとか。そういう人たちの間ではそれなりに有名な店らしい。でも一般的にはほとんど知られてないだろうな。すぐ近くに住んでる俺が最近まで全く知らなかったし <アナタの場合はただの引きこもりです

この手の店としては珍しく、完全自家製麺のものを使っているそうです。個人的にはそこまでの優位性を感じなかった(「小諸そば」あたりは同じクラスのものを出していると思う)一方、つゆが香りが立っていておいしく感じました。当然ながら思いっきり関東系です。

それでいて値段は駅そばとほぼ同じクラス。300円で天そばが食べられます。そしておばあちゃんの接客も丁寧で、非常に好感が持てます。超分かりづらい場所にあるのに常に人が入っているというのもこれなら納得でしょうか。ちなみに、田端駅の駅そば(都内によくある「あじさい茶屋」)は昔みどりの窓口の端っこに入っているという珍しいロケーションだったのですが、リニューアル後に消えましたね。客ほとんど入ってなさそうだったからなあ。どっち行く? と言われたら(存在知ってる人なら)9割はこっち選ぶだろうし。
[PR]
by fyama_tani | 2008-03-30 20:30 | 都内食事

2008年2月くらいに読んだ本

1月に割と読んだ反動からか、2月はさして読まず。実際3月に入ってから読んだ本混ざってます。

伊坂幸太郎『死神の精度』
No.122
文春文庫:2005
☆☆☆☆

人間を装って1週間ある人間の調査を行い、その人物の「死」を決定する死神が主人公の連作短編集。『アヒルと鴨のコインロッカー』あたりを読むとこの人相当本格ミステリにも造詣が深いんだなあと思うのですが、この作品もガチガチの山荘もの「吹雪に死神」から独自のロジックのキレを味わう「死神と藤田」、そして日常の謎的な表題作と「死神対老女」などなど、(有名作品へのオマージュとも取れる部分も含め)ミステリとして極めて高い完成度を持っているのではないでしょうか。

個人的には「死神対老女」での謎の開陳はもう少し引っ張って欲しかった。作品内での謎と他の短編との関係と両方の点で。

普段全く本を読まない人が何読みましょう? という時の最初の1冊としてまさにうってつけだと思う。

岡嶋二人『99%の誘拐』
No.123
講談社文庫:1988
☆☆☆☆

誘拐って実際の犯罪ではもっとも頭の悪い手段だとされているけれど、ミステリの世界では傑作と呼ばれるものが多いのが個人的には凄く不思議。本作品もそんな「誘拐もの」の系列にあるうちの一つ。

またこれら「誘拐もの」の凄いところは、「まだこんな手があったのか」みたいな驚きがどれにも備わっているという点でしょうね。この作品では、犯人が身代金を受け取らなくても目的が成立する誘拐、と犯人が直接には一切関与しないで被害者を誘拐する、誘導誘拐みたいなところがそうかなあ。

コンピューターを駆使した犯罪、という点も読ませどころなのかもしれないけれど、時代が時代だからねぇ……。ちょっと今読むのは苦しいかも。

貫井徳郎『プリズム』
No.124
創元推理文庫:1999
☆☆☆☆+

時々「解決に至るまでの道筋が凄く面白かった」と思えるような作品があって、例えば最近読んだ中では『生首に聞いてみろ』がそうだったのですが、これも読んでる途中から論理の流れが面白いと感じました。

超挑戦的な趣向がかかっているので、あんまり人に勧める気はしないですが……。ミステリに読みなれてない人がいきなりこれ読んだらジャンルそのものが嫌いになりそうな、そんな危うさを内包した作品だと思います。

米澤穂信『犬はどこだ』
No.125
創元推理文庫:2005
☆☆☆

探偵事務所を開業して、そこに思いもかけない依頼が来て、それの調査をしているうちに更に大きな事件に巻き込まれて……、みたいな割とご都合主義的な王道探偵もの、と取れるでしょうか?

この作品はネット上でのやり取りが一つキーになるのですが、数年前の作品なのにもう色褪せてきてる感じですね。この世界は変化が早いから怖い。この位になるとリアルタイムでどんな感じだか分かるので、凄い(描写も物語の中での使い方も)巧いなぁ……、と素直に思いますが。流石テキストサイトを発信してた経験があるだけの人ですね。

私立探偵最初の事件、という観点では『ガーデン』、全く違う二つの案件が思わぬところで交差して、という観点では『症例A』、という自分の中ではゆるぎない作品があるので、強くプッシュしたい、という作品ではないのですが、ライトにお決まりの文法を読むという意味では悪くないのではないでしょうか。
[PR]
by fyama_tani | 2008-03-08 22:58 | 本:国内ミステリ

若狭家 上野店@御徒町 (海鮮丼)

No.41

食べログ

08/03/04 訪問

場所:JR御徒町駅北口を出て湯島方面へ。上中通りに入って1分程度歩いたところ。

客層:やさぐれた感じのサラリーマンな人が基本1人で、みたいな感じ。

店内:内装がどことなく安っぽい喫茶店のよう。テーブル席のみでカウンターなし。そんなに広くない。2Fもあるらしいが良く分からない。

予算:1000円前後

海鮮丼の専門店。ご飯に刺身を盛るだけというお手軽さで何となく豪華に見えるのではやってますね。そのお手軽さを生かして、マグロ・ネギトロ・エビ・ウニetc. を順列組み合わせ的にオーダー可能にしているのがこの店。だからメニューが数百種類ある。結構圧巻。

でも多分二度と行かないと思う。接客が最悪、店入っても店員無視、更に店員同士でずっとしゃべってる。ネタの一つ一つのグレードが低く、更に量が少ない。とどめはワサビ醤油が既に混ざった状態でテーブルに置かれてる(ふってから適当にかけろ、ということらしい。粉ワサビでも良いから別々にして欲しい)。で値段はそれなりに高い。まぐろ市場で食べた方がはるかにレベル高いぞ。
[PR]
by fyama_tani | 2008-03-08 22:33 | 都内食事