<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

餃子の満州 東武練馬南口店@東武練馬 (中華定食)

No.48

公式

食べログ

08/04/28 訪問

場所:東武東上線東武練馬駅南口を出て左、道なりにいってT字路に出たら左に曲がってしばらく直進するとある。徒歩5分程度。

客層:若い男性(酒飲まない)、オヤジ(酒飲んでる)、あたりが1人客。そして地元民っぽい家族連れが結構いる。

店内:入ってすぐのところに持ち帰り用餃子が入った冷凍庫、厨房を囲むようにカウンター。それ以外にテーブル席が10卓程度。店内は結構広い。

予算:1000円以下

東上線沿線沿いに点在する餃子屋。この界隈ではそれなりにメジャーな存在らしい。持ち帰り用の餃子も販売してて(1人前100円台、これは結構安い)、全国への配送実績もあるよう。でも都道府県ごとのシェアの円グラフを見たけど、関東では栃木県だけシェア取れてなかった。流石。

で、食堂としての性格は、割とオーソドックスな感じの定食屋です。基本的にはニラレバとかチャーハンとか、場末の中華料理屋なら絶対あるだろ的なメニューが単品であって、セットにするとライスと餃子、スープが付く、というシステム。

ただ、「餃子の~」というくらいなので、その辺のメニューには目もくれず、「ダブル餃子定食」が良いと思う。餃子12個にライスとスープ。これで500円ならかなり安い部類では? 通常の定食だと6~700円するし。そして味に特筆すべき点はない。餃子は注文受けてから焼いていて、まあまあ。ただ、餃子を売りにしてる割にはタレがどこにでもある、「業務用の酢・醤油・ラー油置いておくから勝手に使って」システムなのがちょいマイナス。

あと、たまたまなのかもしれないが、ライスが前に食べたときよりちょっと不味くなってた。水気が多い、というか。個人的に水気の少ない米の方が好きというのもあるが、餃子にはパラパラのライスの方が合うと思う。
[PR]
by fyama_tani | 2008-04-30 20:28 | 都内食事

東京とんこつラーメン 屯ちん 池袋本店@池袋 (ラーメン)

No.47

公式

ぐるなび

食べログ

ラーメンデータベース

08/04/27 訪問

場所:各線池袋駅東口方面。明治通りを南池袋方面へ。BEAMSがある角を左折、もう一本路地越えた(吉野家の角を直進)奥。

客層:年齢は幅広く。男女比もほぼ均等。ラーメン屋にしては1人客が少ないような(ほとんどが2~3人の連れ)。

店内:厨房を囲むようにカウンターがあるのみ。待ち客を食べてる客の後ろに並べる傾向。

予算:1000円以下

ここもいつも店外まで行列ができていて、中々入りづらい感じだった。今日たまたま店外に2人くらいしかいなかったので入ってみた。そうしたら店内に結構並んでいた。店内に待ち客を取り囲むように並べるのは微妙っちゃ微妙。食べてる方としては凄いプレッシャーだけど。でもここは客の回しが上手いね。4人くらいいた店員の役割分担がきっちり出来てる感じ。並び方も最初ちょっと分かりにくいのだが、並んでいるうちに理解できるような誘導がなされてる。だから見た目ほど待つ必要がないのかも。

ラーメンはこの界隈で良くある豚骨醤油スタイル。やや味が薄めかもしれない(あくまで他が濃すぎる、という意味だが)。大・中・並で値段が変わらないのはお得な感じ。でもオススメの得入り(数種類のトッピング)を付けると900円になるのは強気価格か。

個人的には特にトッピングいらんな、という結論。というのは卓上にいろんな調味料が置いてあるのよ。その組み合わせをいろいろ探ってみるだけでも飽きないと思う。ラー油がこれだけ豚骨に合うのは驚きだった。八角が入っている特製のものというのがキーポイント、なのかもしれないけど。
[PR]
by fyama_tani | 2008-04-27 17:01 | 都内食事

キッチン南海@御茶ノ水・神保町 (洋食)

No.46

食べログ

08/04/19 訪問

場所:JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口を出て左、明大通りを神保町方面へ。靖国通りの一本奥、すずらん通りを神保町駅の方へ直進するとある。

客層:1~2人。ほぼ全年代の男性。わずかながら女性客もいる。

店内:年季の入った内装。厨房を囲むようにカウンター。壁側にテーブル席いくつか。意外に奥行きはありそうな感じ。

予算:1000円以下。

神保町では結構名の知れた老舗ですね。店の外には昭和的なショーケースがあって、「大丈夫かこの店?」という感じですが、昼過ぎても店外まで行列があるので見つけるのは楽。

ここの名物はカツカレーということになってます。確かにあの真っ黒なルーはインパクト大。何をどうやったらあんな形に落ち着くのだろうか。昔行った時にはカツカレーを食べて、その時周りの客がかなりの割合で頼んでいた「ひらめフライとしょうが焼の盛り合わせ」を今回頼んでみた。

エビ・イカフライは分かるが何でひらめ? という感じだが、肉厚の白身は揚げたてということも相まってうまい。ただ付け合せのキャベツの千切りが凶悪な量。要は山盛り。キャベツだって今の時代そんなに安いわけじゃないのだからもっとケチっても良いのに……。メインディッシュではなく付け合せの量にやられる、というのはアメリカンな感じ。

まあ、料理はそんな感じ。揚げ物も揚げたてだからおいしいんだろうな、という程度だと思うし、カレーも衝撃的ではなかったと記憶している。で値段もけして安くない(量を考えればコストパフォーマンスは良いほうだと思うが、まずそれだけ量いらないw)。

ただ、店員さんの動きを見てくるのには料理の半額以上の価値があると思いますよ。店外で待っていると注文を取りに来るのだが、超威圧的で最初は訳分からんかった。予め何食べるか決めておきましょう。で確認とか一切しない。なのに完璧に注文が通っている。厨房の動きも凄い。常時4人くらいの人が動いているのだが、それぞれが何かを話しているという雰囲気が全くない。なのに何故か揚げ物としょうが焼きとキャベツが一同に介して、かつライスと一緒に客のところに来る。この間店員同士の言葉による意思疎通なし。テレパシーでも使ってるんかここ。

で、ある客が食べ終わって会計済ませて買えると即座に次の客を誘導。この時「~~をご注文の方こちらへどうぞ」ってちゃんと言う。ずっと前に注文取っていたはずなのに(あまつさえ厨房内のオヤジが窓から顔出して取ったようなものもちゃんと伝わってる)。俺がいた間に10人くらいは通されてたと思うがミスゼロ。脅威の記憶力。そして食べ終わった皿は客が帰って10秒以内に片付けられて、それから10秒後には次の客が座ってる。ここまで凄い(やり過ぎで殺伐感が出てるとは思うが)客回しは中々普通の店では見られないので、ショーのようなものだと思って見に行くと良いと思う。こんな感じなので行列になっていても回転は超速いです。
[PR]
by fyama_tani | 2008-04-20 20:49 | 都内食事

吉祥寺どんぶり@吉祥寺 (どんぶり)

No.45

食べログ

08/04/13 訪問

場所:中央線/井の頭線吉祥寺駅南口を出てすぐ右。路地沿いに歩いていくと1分くらいである。

客層:1~2人。かなり濃ゆい内装の割に女性客が一定数いるというあたり流石中央線沿線。

店内:カウンターのみ。店の外の看板が「ガッツリ」とか何とかごちゃごちゃ書かれていてカオス。そんなに年数が経っていそうな感じでもないが、清潔感はあまりない印象。

予算:1000円以下。

豚肉とネギをニンニク醤油(or塩ダレ)で炒めたものをご飯にのせたものが出てくる店。それって何てスタミナ丼? 「スタミナ丼」と名乗れないのはやっぱり商標とか絡んでるのだろうか。スタミナ丼と中央線は相性が良い感じがするが、吉祥寺とは微妙にあっていないような気がする。

全ての丼に味噌汁と生卵が付く。知らずに入って生卵が食べられない俺涙目。もっと分かりやすく書いてくれれば、最初に断るか入店しないか他の手段取れたのに……。

ご飯は普通盛りで400g超とかなり多目。その割に肉の量が少ないような(増量可)。漬物が食べ放題なのが救い? 肉はただ炒めただけなのでどうやってもそこそこのもの出せるだろ、という印象。ご飯はもうちょっとがんばって欲しい。固めというのはこの丼に合っていると思うけれど、なんか臭う。かなり質の悪いものを使っているのか? まあ値段からすれば文句言えないが。この量で500~600円くらいというのはかなりお得。

あと謎だったのが、「マヨネーズをかけて食べるのがお勧め」って書いてあったくせにマヨネーズが置いていなかったこと。後からネットで調べたらマヨネーズがあるのがウリっぽい感じのようだが、やめた?
[PR]
by fyama_tani | 2008-04-13 21:33 | 都内食事

讃岐饂飩 根の津@根津 (うどん)

No.44

食べログ

08/04/05 訪問

場所:千代田線根津駅から不忍通りをやや北へ進んだ後、根津神社へ向かう路地へ入る。徒歩3分くらい? 外観的なアピールは控えめなので注意。

客層:家族連れ、カップル、近所のマダム、サラリーマンのオヤジなど様々。女性一人客もあり。

店内:4~6人座りのテーブル席が数個あるのみで、キャパはかなり小さい。少人数なら相席前提、満席なら店外で待つ、という感じ。内装は割烹的? うどん屋って感じではない。

予算:1000円前後。

大学の知り合いに連れられて行った店。根津周辺は不忍通りから路地に入ったところに関しては全くの未経験でしたら、かなり雰囲気があるところですね。

昼のピーク時を過ぎていたにも関わらず店外に行列が。まあ絶対的なキャパは小さいのですが、それでもかなりの人気のほどがうかがえました。

肝心のうどんはぶっかけや生しょうゆうどんが前面に押し出されているあたり、讃岐風どまんなかな感じ。実際麺はかなりコシがあり、食べ応えあり。小麦粉を練っただけのものにただの醤油をかけたものが一品料理として成立してしまうのが讃岐うどんの凄いところだと思うのだが、ここもそんな感じ。

ちょっと量は少ないかもという印象。ほぼ全てのメニューで2玉対応してくれるみたいなので、量がほしい人はそちらをお勧め。ただのうどんと捉えるとちょっと高め(讃岐うどんを名乗る店でもっと安くあげたければ「東京麺通団」あたりが良い)なので、まめに行くというよりはちょっとブルジョワ雰囲気を味わいたいとき、って感じですかねえ。
[PR]
by fyama_tani | 2008-04-13 21:14 | 都内食事