<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年8月後半くらいに読んだ本

最近、小説以外の本もいい加減真面目に読もうかと考えている。

劇団ひとり『陰日向に咲く』
No.153
幻冬舎文庫:2006
☆☆☆☆

芸人が書いた本だけど全然ネタとか関係なくて直球な小説だとか、一時期やたら売れてたとかは知っていたが、正直そんなに期待してなかった。

短編集。サラリーマンがホームレスにあこがれる話「道草」から始まり、登場人物の一部が後の短編でも微妙に重なって……的な連作の体を取っている。

叙述的な仕掛けもあったりで、「どのような話を構成すれば読ませるか」という点において極めて意識的な作品だと思う。小説に対する方向性に乙一と似たところを感じさせるな。

短編集のお手本のような作品で、何も「劇団ひとり」の名前がなくても十分売れる(ここまでは流石に売れなかっただろうが……)と思った。分量も少ないので入門編としても最適。

これが面白いと感じるならば伊坂幸太郎の短編なら『死神の精度』、長編なら『ラッシュライフ』あたりがオススメ。そこからもっとミステリ色の強い『アヒルと鴨のコインロッカー』に行くとか。もしくは乙一の『失はれる物語』から本格のテクニック色強い『GOTH』なんて流れも面白い。

乙一『暗いところで待ち合わせ』
No.154
幻冬舎文庫:2002
☆☆☆

乙一にしては珍しい、中長編に分類される作品。ざっくり言うと殺人事件に遭遇した男が1人暮らしの全盲女性の家に、全盲だからこっそり入り込んで隠れてれば分からんだろ的な考えて入り込む話。

オチはある程度予想可能。どういうオチにすれば途中も読ませるか、ということをちゃんと理解して書いてる人だから安心して読めます。

やっぱりこの人の本格的な長編(連作短編で実は一つの長編でした、というのではなく)を読んでみたい。
[PR]
by fyama_tani | 2008-08-31 22:49 | 本:国内ミステリ

麺屋海神@新宿 (ラーメン)

No.54

食べログ

ラーメンデータベース

08/08/31 訪問

場所:各線新宿駅東南口を出て正面。超怪しいビルの2Fなので、若干入りにくさがある。

客層:男性1人客とカップルが半々くらい。男性1人客は30以上って感じか。

店内:厨房は奥。壁に面してカウンター(席少ない)、あとテーブル席。壁にはその日のラーメンに使われている魚が貼り出されている。

予算:1000円前後。

昔は池袋にあったらしい。ここはスープがかなり独特で、その日仕入れた数種類の魚を使うというもの。すなわち、使う魚は毎日変わる→スープの味が毎日変わる、ということらしい。それで毎日安定した味が出せるのか? という疑問も。

物凄く透き通ったスープに細麺。こんな麺、何かのインスタントで食べたような気がするが、ちょっと思い出せない。スープは言うだけあって旨いが、魚好きな自分としてはもう少し魚臭さがあっても良かったと思う。洗練されすぎてて逆に毎日変わる魚の個性が消されている感が。

また、焼おにぎりをセットにして、麺を食べ終わった後のスープに投入する、という食べ方が推奨されている。というわけでやってみたが、これはちょっと滑っているような……。劇的に美味しくなるとは思えず、単にスープを全部飲ませるための策略的なところが。凝り過ぎなのかなあ。もう少し雑っぽいところがあっても良いかなと思った。所詮ラーメンだし。
[PR]
by fyama_tani | 2008-08-31 21:34 | 都内食事

博多天神 池袋店@池袋 (ラーメン)

No.53

食べログ

ラーメンデータベース

08/08/30 訪問

場所:各線池袋駅東口方面、明治通り沿いに歩いてヤマダ電機の先、黄色い外装なので目立つはず。

客層:やや年齢層高めの1人客、グループ客。

店内:道に面する壁がないので屋台チック。常に1人は呼び込みしてる。壁がないことを除けば厨房に面するカウンター+テーブル席と一般的なラーメン屋スタイル。

予算:1000円以下。

いつのまにか池袋にできていた博多系とんこつラーメンの店。カオスな外観から敬遠していたのだが入ってみる。

基本のラーメンが500円、テーブルにゴマとか紅しょうがとか高菜とかがあって、それは勝手に入れて良い模様。でもデフォルトでもゆで卵とかきくらげとか入ってたりで、某一蘭より見た目は豪華なんじゃないかと思う。

更に未確認ではあるが入り口に「替玉無料券 ご自由におとりください」みたいなことが書いてあって、ちらしが適当にささっている。入る前にこれをゲットして見せれば替玉無料? つまり実質替玉タダで提供してるってこと? だとしたらこの安さは圧倒的。

九州系で、更に早く出そうとしているため、麺は結構固め。気になる人はやわらかめで注文するのが吉。味が薄かったらタレをどんどん入れる、といった思い切った行動が良さそう。いろんなところで書かれているが、普通に食事するより飲みの後でいかにも体に悪いですよみたいな感じがこの店には合ってるんだろうなあ。
[PR]
by fyama_tani | 2008-08-31 10:36 | 都内食事

BROZERS'@人形町 (ハンバーガー)

No.52

食べログ

08/08/23 訪問

場所:日比谷線人形町駅から水天宮方面へ。細い路地の中に突然ある。徒歩5分くらい。

客層:30代くらいの人が多いような印象を受けた。男女比はほぼ1:1。

店内:入ってすぐのところにカウンター席、あとテーブル席がいくつか。内装は典型的なアメリカ風。

予算:1000~2000円。

こだわりのハンバーガーを出す店として高い評価を受けている店ですね。でも何で人形町なんだ? って感じではありますが。ただ、周りにあまり人気がない土曜の昼過ぎ(14時くらい)で数組待ちだった。平日昼だったらどんだけ並んでるんだろう。

一押し的なロットバーガーは、パイナップルまで入っている、ひたすら何でも詰め込みました的なもの。結果としてかなり巨大なものとなる。そこにピクルス(ハンバーガーに入っているのではなく、一本まるまる添えられてくる)とポテトとオニオンリングが付く。ポテトは普通だったがオニオンリングは中々。

大きさの割には食べやすい(おそらく重ね方が巧いのだと思う)し、高い値段(1,350円)に相応しい味だと思った。ハンバーガーといえばマック、という人は一回食べに行くと思う。ただ、ロットバーガーに限れば、いろんな味がまとまってしまった結果、個々の具材の個性が消えていたのが残念。もう少し具を絞ったものも食べてみたい。
[PR]
by fyama_tani | 2008-08-31 10:24 | 都内食事

みなとや@上野 (海鮮丼)

No.51

食べログ

08/07/12 訪問

場所:各線上野駅不忍口方面からアメ横の中心通りを直進するとある。距離的には御徒町駅からの方が近いか?

客層:観光客的な人が多目。年齢層は比較的ばらけている。

店内:屋台。テーブルが適当に並んでいるので、注文して食券をもらったら勝手に座って待つ、というスタイル。

予算:1000円以下。

アメ横では比較的有名な海鮮丼の店。横目では何回も見ていたけれど入ったのは初。明らかに何かの法を犯してそうな適当な作りの屋台に、提供される丼の写真が大量に張り込まれたのれんがかかっているため、アメ横内でも目立つ方だと思う。

観光地的なところで海鮮丼を食べようとするとすぐに数千円いくところ、ここは圧倒的に安い。というかチェーン店的なもの(「まぐろ市場」など)と比べても安い。500円くらいでまともなものが食べられるし、かなり偉そうな見た目のものでも800円とか。

もちろん味はそれなりに、なんだけど、極めて安上がりな記念として非常に良い店であるのは確か。ただワサビはあんなにいらない。タダ同然のものだからといってあそこまでサービスしなくても……。
[PR]
by fyama_tani | 2008-08-31 10:07 | 都内食事

2008年7月後半-8月前半くらいに読んだ本

1週間くらい他のことを考えずに本だけ読めたりすると良いのですけれどね。

道尾秀介『向日葵の咲かない夏』
No.150
新潮文庫:2005
☆☆☆

物語冒頭で亡くなった主人公の友人と意外な形で再会するお話その一。

ガチガチのミステリ的構成にファンタジー的設定を持ち込んでくる、というやり方はこの作品以外にもたくさんあると思うけれど、ここまで後味が悪いのはそうないんじゃないかと思う。

その上で大きな論理的破綻がなくきっちりまとめられているのは評価できると思う。好き嫌いが凄い別れる作品じゃないかなあ。

畠中恵『百万の手』
No.151
創元推理文庫:2004
☆☆☆

物語冒頭で亡くなった主人公の友人と意外な形で再会するお話その二。

偶然同じモチーフの作品を連続して読むことになったのですが、『向日葵~』が暗の話だとすれば明、というように全く雰囲気の異なる作品。語られている内容は決して軽いものではないのですが。

解説でも触れられていますが、いろんな要素を詰め込みすぎた結果、伏線が回収しきれず、何か消化不良な印象を与えてしまっているのがもったいない。あと、重要な登場人物がその重要事実を知るに至った必然性が良く分からない(きちんとした説明もされていない)のも難点。ごちゃごちゃしている割には読みやすいのが救いですかね。

三津田信三『忌館―ホラー作家の棲む家―』
No.152
講談社文庫:2001
☆☆☆

ホラーと本格ミステリを高い水準で融合させる作家として最近注目を集めているかもな人のデビュー作だそうな。冒頭読んだだけで確かに本格、というよりかは新本格、つかメタかよって感じで、作中作だの作者自身の本当の仕事内容(当時編集者)に関する記述だのがガンガン出てくる。

でお話の主軸は……。まあこれはホラーでしょうね。ミステリとは違うような。メタホラー? そんな用語があるかどうか知りませんが。
[PR]
by fyama_tani | 2008-08-11 18:02 | 本:国内ミステリ