<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ボンディ 神保町本店@神保町 (カレー)

No.68

公式

食べログ

08/11/18 訪問

場所:地下鉄各線神保町からだと神保町交差点出て靖国通りを九段下方面へ行ってすぐ。御茶の水駅からなら徒歩10分くらい。古書店街にある「神田古書センター」2F。ただここに行くまでには1Fの古本屋を突っ切るか、裏手の明らかに関係者しか入ってはいけないような入り口から入って、これまた関係者以外通ってはいけなさそうな雰囲気の階段を上る必要がある。

客層:やや年齢層は高め。家族連れも多かったですね。

店内:年季の入った喫茶店、という印象。カウンターはわずかで、テーブル席中心。ソファのようなものもあり。調度品は古そうだが、清潔感はまあまあ。

予算:1000〜2000円。

人からここのカレーが旨いらしい、と聞いたので早速行ってみる。神保町は基本日曜死ぬのだが、ここは日曜も開いているらしいのでちょうど良いかな、と。

一応この店が入っているビルは靖国通り沿いなんですが、そのビルがいかにも古本屋、な感じなので(一応看板はあるのだが)、知らないと絶対気づかないと思う。更に裏口みたいなところから怪しい階段を上っていかなければいけないし……。はじめての人にとってはそれだけでもネタになると思う。

そんなカルトな位置取りとは考えられないほど繁盛してるっぽい。どうもこの店が「欧風カレー」の元祖らしく、カレー好きに取っては外せない店なのだとか。

まあ自分の欧風カレーに対する知識は「何かバターとかいっぱい使ってるやつ」くらいしかないのですが。とりあえず何かカレー注文。この店は全てのカレーに対してふかしたジャガイモがカレー前のアテとして出されます。しかも2個。これだけでも結構な量。

でカレーが来る。(この界隈ではノーマルだけど)結構多い。そしてハード。だってアレですよ。予想通りのもの凄いこってり感のあるカレーソース、そこにチーズが乗っていて(注:トッピングとかは一切していない)、更にご飯にまでチーズがまぶしてあるんですから。ついでに前菜のジャガイモはバター付き(それも結構な量)な。

朝食を食べていなかったので、かなりお腹がすいた状態で入ったのですが、最後には胃がもたれてた。凄い破壊力。これを間隔開けずにまた食べようとは思えない。

まあカレーだけで1,450円と、ジャガイモ2個付くとはいえ超強気な価格設定もありますけど。平日はどうだか知らないけど、休みであったこの日、家族連れが結構いたことから、都心に住む超勝ち組家族が、「よーしパパ久々に休みがとれたからおいしいカレー屋さんに連れてってあげるぞお」というシチュエーション的利用が多いのでは、と思った。いわゆるハレの日向け。決してまずいものではない(ただ量が多い)と思うし、これだけ分かりづらいロケーションだとおのぼりが混ざってくる率も低そうだし。
[PR]
by fyama_tani | 2008-11-16 21:24 | 都内食事

二代目海老そば けいすけ@高田馬場 (ラーメン)

No.67

公式

食べログ

ラーメンデータベース

08/11/08 訪問

場所:JR山手線高田馬場駅から。早稲田通りを歩いて2分くらい。東西線高田馬場駅6番出口からだとすぐ。

客層:学生っぽい人が多い。ラーメン店にしては女性客多目。

店内:カウンターのみ。黒で統一された内装。かなり細長い店内なので奥の方の席に行こうとするとまず他の客にぶつかる。

予算:1000円以下。

初代は本郷にある黒い味噌ラーメンを出す店ですね。○代目という表現に特に深い意味合いはないみたいです。

店名にある通り、スープのダシに海老を使っていることがこの店のウリ。海老の風味が強くなりすぎてくどくなることなく、うまみを効率的に引き出している、という印象。このスープは美味い。具にもこだわりがあるらしく、メンマの代わりに山くらげをつかったり、海老ワンタンが入っていたり、随所にこの店ならではの主張が感じられて面白い。

ちょっと凝りすぎて滑った感があるのは器かな。ここの器、物凄い独特で奥にいくほど高くなっていて一見斜めに傾いているように見える。錯覚なのだが、なんかこぼしそうで怖い。あと、レンゲが丼の2/3は占めようか、という巨大なもの。出されたときにはこれが底に沈んでいて、その上に麺が乗っている、という感じ。いったん引きずり出すと結構置き場所に困る。

おそらくこれらのココロは丼ぶりを傾けることなくスープが飲めるように、ということなのだろうが、ちょっとそれ以外の点を犠牲にしすぎているような……と思った。これだけ完成度の高いスープだったら多少見た目が悪くても飲みたいという気持ちが勝つような気がするけど。
[PR]
by fyama_tani | 2008-11-09 14:36 | 都内食事

きつねや@築地 (煮込み料理)

No.66

食べログ

08/11/08 訪問

場所:日比谷線築地駅を出て新大橋通り沿い、食堂が並んだ一角の途中にある。徒歩3分くらい。

客層:この界隈の他の行列店に比べておのぼり率が低い印象。プロっぽい感じのオッサンが多い。

店内:通り沿いに吹きっさらしの状態である。カウンター数席。ほとんどの客は路地に置かれた台を使って立って食べてる。店というより屋台な感じ。

予算:1000円以下。

ホルモン煮で有名な店。新大橋通り沿いを歩いていると匂ってくる匂いの出所はここだと思って良い、というくらい煮込み系の独特の匂いがする。

ホルモン煮だけでなく、牛丼とかもある。これもオススメだという肉豆腐を注文した。豆腐が柔らかくておいしい。味付け濃い目という人もいるけれど自分としてはこれくらい濃いのもアリ。玉ねぎがクタクタになっていてほとんど風味がないので、ホルモン煮では大量に乗せられるという生ネギがこちらにもあっても良いのではないかと思った。

ただこの店超強気な上に縛りが多い。1品を2人以上でシェア禁止、は築地で比較的みかける縛りだとしても、おかず単品注文禁止ってのは意図が良く分からない。つまり、ホルモン煮とか肉豆腐だけ頼むのはNGで、一緒にご飯とか酒とか頼め、ということなのだが。この表現からも明らかなように、定食形式になっていなくてご飯は別注文が基本。

そしてそのご飯が220円(大盛り320円)。強気すぎる。普通のご飯ですよ? 量は多目といってもこれを強制注文とは……と思う。じゃあ肉豆腐とかが安くてご飯でぼったくる戦略か、というとそうではなくて、肉豆腐も600円とかする。小鉢に盛られてくるくらいの量ですよ? 何か納得いかない。

つうわけでここはあんまり食事向けではないのかも。料理をつまみに朝から酒、という形ならおのぼり築地の変則パターンとしてアリな気がするが、純粋な食事目的の再訪はないかなあ。まだまだ行ってみたい店がある今の状況では。
[PR]
by fyama_tani | 2008-11-09 14:16 | 都内食事

ヤミツキカリー@早稲田 (カレー)

No.65

公式

食べログ

08/11/07 訪問

場所:分かりやすいのはJR山手線高田馬場駅から。早稲田通りを早稲田方面へ直進、明治通りとの交差点を越えて更に先、の路地裏。店の外観自体は特徴的だが、なにしろ分かりにくい場所にあるので初見の場合地図推奨。高田馬場からだと徒歩10分くらい。

客層:学生っぽい人と仕事持ってるっぽい人が1:1くらい。女性の方がやや多目。

店内:カウンターのみ。狭い。アジア系の内装?

予算:1000円以下。

早稲田通りを歩きながら路地裏を注意深く観察していると、突然この店はある。分かりにくい場所にあるからか、外観は独特でかなりアピールしている。ランチ時は3種類のカレーから一つを選ぶ形式。

カレーにはパクチーが乗っている。そしてココナッツの香りが強い。そんなアジア系な感じ。スパイス感はそんなに強くない。辛さは注文時に4段階から選べるが、フィーリングで選んだランクの大体1つ上あたりを選んでおけば良いのではないだろうか。「辛口」でも全然辛くなく感じた。

適当に歩いた感じだとこの界隈はカレー屋多そうだけど、ほとんどが学生向けの食べごたえ重視な印象を受けた。その中にあって数少ない味で勝負している店なのではないだろうか。わざわざ食べに来ても良いくらいのレベルはあると思いますよ。どちらかというと女性受けしそうな味かな。その割にはライスの量がデフォルトで多目(薄く盛られているのだが見た目より結構ボリュームがある)とフェーズが合っていないような気がするのはご愛嬌。
[PR]
by fyama_tani | 2008-11-09 11:09 | 都内食事

中栄@築地 (カレー)

No.64

公式

食べログ

08/10/31 訪問

場所:日比谷線築地駅から築地場内へ。魚がし横丁1号館内。

客層:場所柄プロっぽい人が多い。平日だとほとんどプロ。自然年齢層は高くなる。常連多い。

店内:カウンターが張り出していて奥に厨房、という吉野家スタイル。壁が鏡になっているのが個人的にはちょっと居心地悪い感じ。

予算:1000円以下。

やっぱり築地に来たら寿司、いわゆる生魚系以外のものを食べてこそだと思うのです。更に魚料理でもない店を知ってると、何かマニアっぽく見えるかもしれない。

という文脈における有名店だと思う。ここはひたすらカレーの店。カレーは甘口のビーフカレー、辛口のインドカレー、あとハヤシライスの3種。でもおのぼりならこのうち2種類を任意に選んで一緒にかけてくれる「合いがけ」を注文しましょう。かなりお得感あり。あと、どのカレーでもキャベツの千切りがついてきます。自称このスタイルの元祖。

各種スタイルの高レベルな店がたくさん知られているカレーにおいて、この店のカレーは特別凄い、と思わせるものではないと思います。こだわって煮込んだというより食べ切れなかったから何回も煮込みました的ないわゆる家庭的な感じ。今むしろこういうスタイルが店で食べられるというのは珍しいのではないだろうか。価格設定も安め(ノーマル500円、合いがけで600円、ちなみに普通量で通常の店の大盛りくらいあります)なので近くにあれば通うだろうが、遠くからはるばるこの店を目指してくる、というレベルではない。

あと接客が見事という点にも触れねばなるまい。築地場内の店はプロさえ相手にしていれば生計が成り立つ、故におのぼり観光客には冷たい、というイメージを勝手に持っていたのだが、少なくとも数軒行った限りでは全然そんなことなく、むしろその辺の店より全然客へのもてなしが感じられる。この店も例外ではなく、システムが良く分かっていない観光客にはちゃんと説明してたし、寿司屋を求めて紛れ込んできた外国人にも丁寧に応対していた。もちろんプロの常連客は入った瞬間に注文なしでカレーが出てくる、という感じ。いやなんかこの界隈凄いっすよ。
[PR]
by fyama_tani | 2008-11-09 10:51 | 都内食事

カレーの海賊@池袋 (カレー)

No.63

08/10/22 訪問

場所:各線池袋駅東口方面。明治通りから一本入った風俗店が並ぶ怪しい路地にある。

客層:サラリーマン系の1人客。昼時最盛期でも基本的に客は多くない。

店内:黒で統一されているが、基本的に安っぽい感じ。厨房を囲むようにカウンター、テーブルは2つくらい。

予算:1000円以下。

明治通り沿いにものぼりとかを出してアピールしているっぽい店ですが、全然正体が分からない店。かなり怪しい。まず店員がみんな外国人。そしてやる気があるようには見えない。

行った時は味噌汁無料サービスということだったが、これが凄かった。具がないんだもの。いや実際には底にちょっとだけ沈んでたんだが。吉野家の50円の味噌汁だってインスタントだけどもっとマシなもの出すぞとかそういうレベル。これは想定外だわー。

そしてカレーというのは基本的に早く供されるものだと思うのだが、ここのはやたら時間がかかった。客全然いないのに。多分ボ○カレーを鍋で温めているからだと思われる。味はそんな感じ。

唯一マシかと思われたのはこの店一押しのトッピング、牛カツ。注文を受けてから適当に揚げていると思われるが、その手抜きが逆にミディアムレア的な食感を生み出している。唯一100円くらい払っても良いと思わせるレベル。

多分近いうちに潰れると思われるので、行くならお早めに。
[PR]
by fyama_tani | 2008-11-09 10:33 | 都内食事