<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ナイルレストラン@東銀座 (カレー)

No.112

公式

食べログ

10/03/20 訪問

場所:地下鉄日比谷線・浅草線東銀座駅A2出口出て目の前。銀座方面から歩くと10分くらい。

客層:友人同士というよりカップルでの利用が多いと感じた。たまーに一人客。一人客は結構店内でくつろいでいる感じ。

店内:2F建て。全てテーブル席。年季の入った建物で店内は薄暗い。いわゆる「インド料理店」的な内装。

予算:1000〜2000円。

日本におけるインド料理のさきがけとして有名。でも今は「とにかくムルギーランチを勧めてくる店」として有名かもしれない。

店の外にあるメニュー表を見る限り、結構レパートリーは豊富。でも席に座った瞬間、インド人店員から「ムルギーランチで?」って聞かれた。店員がオーダー決める店はいくつか知っているが、そのいずれもがそもそも数種類しか料理がないことを考えると、本格的なレストランスタイルでこれは異常。

名前の通り、ランチ利用を念頭に作られたものらしい。プレートにサフランライス、カレー、マッシュポテト、骨付きチキンが付いてくる。ちなみに骨付きチキンはその場で解体される。だったら最初から解体して持ってくれば良いじゃん、と思うが、そうしないのは何かのこだわりなのだろうか。これをぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのがこの店流。暗示にかかっているのかもしれないが、確かにそうした方が美味く感じた。

他のインドカレーの店と比較して、味の面では特筆すべきところはない。それで1500円はちょっと割高感がある。ここも一種の観光地的なところだろうなあ。強制ムルギーランチルールは、当時(おそらく)インド料理というものがどういうものか分かっていなかった日本人相手に手っ取り早く分かってもらうため(客の目の前でチキンの骨を取るのも一種のエンターテイメント?)と、おすすめを一種類にしぼる事でインド人店員が応対を覚えやすくし、かつ客の方も良く分からないメニューで悩む必要がなくなるWin-Winの関係を築くためなのかなあとか思いを馳せながら食べるなら悪くはない。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-21 21:20 | 都内食事

尾花@南千住 (うなぎ)

No.111

食べログ

10/03/13 訪問

場所:JR常磐線南千住駅を出て西側へ。常磐線の線路沿いに上野方面に歩くとある。徒歩3分くらい。

客層:年齢層は高い。ほとんどが2〜4人のグループ客だが、ご隠居風の一人客も見かけた。

店内:畳敷きの大広間にちゃぶ台が並んでいて、そこで食べる。昔ながらのお屋敷に来たような感覚。神棚あるし。店の庭には何故か鳥居もある。

予算:3000〜5000円。

うなぎはハレの日に食べるもの、ということをもの凄く実感させてくれる店。

超が付く人気店だけあって、入店に対する条件は超強気です。予約は一切不可。また、入店時に全員が揃っている必要があります(つまり、後から来る人がいるので〜というのは×)。

だから並ぶしかない。開店前から。開店時に行ってもおそらく入れないし、もの凄く待つことになります。

ちゃんとしたうなぎ屋は注文を受けてからさばき始める、ということでここも例外ではない。だからうなぎ関係は追加注文NG。注文受けてから大体40分くらいかかる。

その間はすぐ出てくるサイドメニューを食べるのが吉。といってもこちらも強気値段だけど。うなぎ以外のものもあるよ。鯉のあらいは臭みもないし、小骨の処理もちゃんとしていて隠れた名品かも。

そうこうしているとうなぎが来る。つまりうな重が飲みのシメになる。だからこの店は待つこともサービスの一環なのだと思う。

うなぎの柔らかさは言わずもがな。また、スーパーで売っているものに比べると火の通し方が甘いような気がした。これが柔らかさに効いている。でもこれはそれだけ新鮮で生臭さがないものを使っているからだと思う。山椒をかけるとまた味が変わって良い。でもまんべんなくかけてしまうのは惜しい。少しずつかけて、山椒あり/なしを交互に楽しむのが良いと思った。

そんな感じでどれだけ急いでも1時間は滞在することになる。つまり、店の外で待つときは最低それくらいは待たされることを意味する。だからよほどの覚悟がない限り店の外で待つのはやめた方が良いんじゃないかなあ。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-13 21:30 | 都内食事

縄麺 男山@本郷三丁目 (ラーメン)

No.110

食べログ

10/02/24 訪問

場所:地下鉄丸ノ内線本郷三丁目駅を本郷通り方面に出てお茶の水方面へ。りそな銀行のところを曲がって商店街に入ってしばらく進んだところ。徒歩5分くらい。

客層:ここもサラリーマン系と土方系の一人客がほぼ半々だった。

店内:カウンターのみ。厨房と向かい合うような形。壁は小麦粉? の袋が一面貼られている。

予算:1000円前後。

「縄麺」というオリジナル麺で押したい店らしい。ちなみに正式オープンしてまだ一週間も経っていない時に行った。そのせいかそれなりに混んでいた。

縄麺というのは要は太麺なので、ゆで上がるまでに時間がかかる。なのに着席してからゆで始めるので、自然それなりに待つことになる。慣れた店なら先に注文を取るところなのだろうが、これはオープン直後ということで大目に見る。

ラーメンは分かりやすい二郎系。無料で麺大盛りにできるとのことだったが、パス。これは正解。ノーマルでも中々の量。野菜もデフォルトで結構あるので、麺に到達するまでに時間がかかる。

肝心の縄麺。これは中々好み。食べごたえありすぎてラストは若干飽きたが、これまで食べた二郎系の中では一番美味く感じた。逆に残念なのがチャーシュー。油だらけでしかも味もしみ込んでなくて、はっきり言って入れない方がマシなレベル。まあ、なにせオープン直後だからこれから改善されるかもしれませんが。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-08 22:13 | 都内食事

どうとんぼり神座 池袋西口店@池袋 (ラーメン)

No.109

公式

食べログ

ラーメンデータベース

10/02/15 訪問

場所:各線池袋駅西口方面。北側の出口を出て路地すぐ。店から宣伝の変な放送をかけているので割と目立つ。

客層:サラリーマン系と土方系の一人客がほぼ半々だった。

店内:白を基調とした内装はこの辺りのラーメン屋では珍しい。細長い店内にカウンター、奥に厨房の吉野家形式。

予算:1000円前後。

大阪初のラーメンチェーンって珍しいよなあ、とずっと気になっていたのだが、いかんせん入り口でかかっている多国籍感あふれる放送が怪しくて、ずっと敬遠していた。

店内に入ると白い。そして店員も清潔感を誇示したような服装。照明も明るめなんじゃないだろうか。これは最近では珍しい。

そしてラーメンも個性的。白菜がやたらたくさん入っている。チャーシューは薄切りのバラ肉。博多だとこういう肉も普通な気がするが、それ以外の地域ではあまり見ないタイプ。スープはあっさり系。

つまり、今都内にたくさんある「豚骨醤油でとてもこだわりました」系の店とは全く相容れていない。そのせいか、かなり叩かれてもいるようだが、個人的には悪くないと思った。清潔感を強調するのは昭和の「こだわってます」系の店な印象だし。池袋であっさり目のラーメンを食べたいと思ったら、選択肢の一つとして良いんじゃないだろうか。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-06 14:09 | 都内食事

天ぷら いもや 本店@神保町 (天ぷら)

No.108

食べログ

10/02/05 訪問

場所:地下鉄神保町駅A4出口を出て白山通りを水道橋方面へ。一本路地を入ったところ。看板は目立つので、注意深く路地をチェックしていれば分かる。徒歩2分くらい。

客層:年齢層はやや高め。基本的に一人客。

店内:カウンターのみ。厨房をぐるりと囲むようにカウンターがある。

予算:1000円以下。

神保町にやたらたくさんある「いもや」、調べた感じだとここが総本山らしい。この店は天ぷら定食の店。

超殺伐食堂にふさわしく、原則メニューは「天ぷら定食」と「えび天定食」のみ。しかもオヤジから、「お客さん天ぷら(定食)で良い?」と先制される。一応ピークを越えた1時過ぎになると、単品の追加注文ができるようになる。単品入れても1000円いかない安さが魅力。

内容は天ぷら、ご飯、みそ汁とテーブルにあって自由に取れるたくあんとシンプル。天ぷらはエビとかイカとかキスとか、結構ボリュームがある。これらが全て揚げたてで来る。本気で熱いので猫舌の人は注意。というかそのせいであんまり味が分からなかった。これはごまかしのテクニックなのだろうか?

油きりが結構いい加減で、胃にもたれる感がなきにしもあらずだが、たまには悪くない。江戸前天ぷらの魅力は穴子だと思うので、追加で穴子を頼んでみたいとも思った。あと、オヤジの息子(?)が意外と良い働きをしている。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-06 13:38 | 都内食事

ラ・パスタ 陶 和光市駅前本店@和光市 (イタリアン)

No.107

公式

食べログ

10/01/30 訪問

場所:東武東上線、地下鉄有楽町/副都心線和光市駅南口を出て、りそな銀行横の路地に入ってすぐ。似たような路地が多いのでちょっと分かりにくい。イタリア国旗がかかっている。

客層:地元の奥様方で固められている。それ以外の層の人はちょっと浮くかも。

店内:テーブル中心。テラス席あり。「こだわってる系レストラン」に必要な内装のほとんどが取り揃えられた感じ(結果、統一感はない)。

予算:1000円前後。

和光周辺に人が来て、昼にどこか連れて行く時、まあまあ無難なところだと思っている。ランチタイムはピザとパスタ。どちらか片方ではなく、両方というのがポイント。どちらも常時2〜3種類あって、組み合わせ自由な形式。ピザは釜で焼いているらしい。これを目の前で取り分けてくれる。結構面白い。接客は変なところはないが、内装同様、少し力入り過ぎな気がする。所詮和光なんだから、もう少し力抜いてもよいのになあと思う。

夜はそれなりの飲み屋になる。ワインの品揃えもまあまあ良いような気がするが、全般的に和光の割には強気な感じがする。たまにいくなら悪くないが、常時通う店ではないかも。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-03 22:26 | 都内食事

らあめん 北斗 新橋店@新橋 (ラーメン)

No.106

ぐるなび

食べログ

ラーメンデータベース

10/01/24 訪問

場所:JR新橋駅烏森口を出てニュー新橋ビルの横の路地を入ってすぐのところ。

客層:土方っぽい一人客に混じって、割と女性一人客、家族連れもいたような。

店内:細長い店内。厨房は中央部分で、両端は吉野屋方式なカウンターになっている。

予算:1000円前後。

味噌ラーメンの専門店? メニューを見るといろいろな種類の味噌ラーメンがある。味噌ラーメンを売りにしている店自体少ない中、これだけのバリエーションを揃えているのはある意味凄いと思う。

ということで他の場所では中々食べられないであろう、「赤みそラーメン」というものを食べてみた。ベースが赤みそで、上に大根おろしがのっているという個性的な一杯。

やっぱりありそうでないもの、というのは難しい。ということで微妙な味だった。というか多分この店自体そんなに凝ったものを求める店ではないのだろうな、と思った。地元に根ざしているという感じだろうか。
[PR]
by fyama_tani | 2010-03-03 22:14 | 都内食事