<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

伊峡@神保町 (中華料理)

No.127

食べログ

10/05/29 訪問

場所:地下鉄各線神保町駅を出て靖国通りを三省堂方面へ。マックのところの細い路地を入ったところ。所見では非常に分かりにくい場所にあるので、適当な地図を確認のこと。

客層:地元のプロランチマン中心な印象。年齢層はやや高い。

店内:全てカウンター。無駄の無い配置。給水器は厨房と真逆にある。つまり自分で勝手に取れと。

予算:1000円以下。

神保町というと昔ながらの個人経営店がそのままで残っている印象。例えば、「さぶちゃん」は半チャーハン+ラーメンという組み合わせをはじめて考案した店として知られている。行ったことないけど。

神保町にはもう一つ半チャーハン+ラーメンのセットで有名な店がある。それがここ。何でも、「さぶちゃん」の店主はかつてここで修行していたとのこと。そうするとどっちが元祖? こっちが弟子のアイデアをパクったのか?

何はともあれ注文。チャーハンはある程度まとめて作っているようだ。でもちゃんと中華鍋で暖めているので、きちんとしている。麺も中華鍋で茹でている。クラシカルな正統派。両者とも1分程度で出てくる。チャーハンは作り置きだから分かるとして、ラーメンでこの早さは凄い。最近の「こだわってます!」な店では絶対あり得ない。

味もクラシカル。チャーハンは無難においしい。でも日高屋で食べるチャーハンも似たような味だと思う。ラーメンは結構微妙。チャーシューは全くおいしくないのでパスしても良いレベル。

確かに決して高くはない。でも日高屋とか幸楽苑とかの安中華チェーン店が出て来ている現在、わざわざここまで来て食べるものかな、という気はした。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-29 22:30 | 都内食事

天房@築地 (天ぷら)

No.126

公式

食べログ

10/05/29 訪問

場所:日比谷線築地駅を出て築地場内6号館へ。「寿司大」の行列が凄いことになっているが、ひるまず入る。

客層:観光客風の客中心だが、年配の人が多いように感じた。

店内:築地場内の店としては一般的。細長い店内で奥が厨房、壁の一方がカウンターで、もう一方はテーブル席。店の一角に囲炉裏があって、魚焼いていたのが斬新。

予算:1000〜2000円。

土曜のおのぼりタイムとなると、場内でも客の入りが結構分かれる。築地王とかがプッシュしてる店だとそれは凄いことになるが、そうでなくて、かつ海鮮丼をやっていないところだと大分閑散としている印象。ここはそんな店の一つ。

店の名前が示す通り、ここは天ぷらの店。築地の定番穴子をはじめ、いろいろ揃っている。おのぼり的には一番人気とされる「芝海老穴子天丼」を頼まねば。

出て来たものは、芝海老が4匹くらいまとめて揚げられたものが何枚かのっていて、更に大きい穴子天がのるという圧巻の内容。見た目のインパクトとしては十分。ややご飯が少ないと感じたが、天ぷらの量が多いので全体の量としては十分。天ぷら自体は標準的な江戸前天ぷらと感じた。値段も標準的なので、わざわざ場内まで来て食べるものではないかもなー。天丼としては珍しく(自分だけ?)七味唐辛子ではなく山椒をかけて食べるよう言われたが、この山椒が地味に良い。

店の中には「稚アユの天ぷら」という貼り紙があった。これ頼めば良かったかもなー。ネットでは季節の単品天ぷらでビール飲んで、最後に天丼、というやり方をしている人を結構見かけた。そういう使い方をするなら、この店が築地にあることの優位性が見えてくるかもと思った。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-29 19:39 | 都内食事

高揚@和光市 (中華料理)

No.125

食べログ

10/05/25 訪問

場所:東上線・地下鉄線和光市駅南口を出て駅前通りを直進、旧川越街道と交差するあたり。徒歩7分くらい。

客層:やや年齢層高めの一人客中心。

店内:厨房に面してカウンター席数席。テーブル席中心の構成。

予算:1000円前後。

ホウレンソウを練り込んだ緑色の「ひすい麺」と呼ばれる麺がウリの店。といってもランチタイムのセット麺はデフォルトが普通の手打ち麺になっていた。言えばひすい麺になったのかもしれないが、面倒なのでそのままに。用は自家製麺ということらしい。

ランチセットはあるものの800円くらいからと、決して安くはない。そもそも和光は飲食店が少ないので、これで十分なのかもしれないが……。食べた青椒肉絲はボリュームもあるし、濃いめの味付けもなかなかで、街の中華料理屋で食べられるものとしてはかなり良い感じ。一方、セットのラーメンはちょっと微妙。なんというか味が薄く、メインとのバランスが取れていない。ネット上の情報によれば、これは店主が健康に良いよう、薄味志向だからだそうな。でもそれだとメインの味の濃さとの整合性が取れないと思うのだが……。

店は店主っぽいオヤジと助手の二人でやっていたが、助手の方が入店時も、会計の時も深々とおじぎをして、丁寧な積極といってもやりすぎなんじゃないかと思ったり。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-26 22:29 | 都内食事

肉の大山(入口)@上野 (揚げ物・立ち飲み)

No.124

食べログ

10/05/16 訪問

場所:各線上野駅不忍口を出てアメ横に入り、途中で飲み屋が密集した路地に入って直進、ガード下を越えたあたり。徒歩6分くらい。

客層:老若男女揃ってはいるが、みんなプロの酒飲みっぽい雰囲気をかもしだしているのは流石。

店内:道路に面してテーブルが数卓、店内への通路にカウンター。椅子はなく、立ちで。

予算:1000円以下。

「肉の大山」といういかにも食堂系の名前なのに、完全に路地の立ち飲み的な雰囲気をかもしだしている店で、見つけた時からずっと気になっていたところ。

本業は肉の卸らしい。そして、飲食部門としてはおそらくレストランが本業。ランチなどもかなり充実しているらしい。混み過ぎて入れなかった。

このレストラン、路地からは結構奥まったところにある。そして、店の入口に至る所までが立ち飲みスペースということらしい。つまみは路地に面した焼き鳥スペースか、入口への通路に面したフライスペースで買う。煮込みとかを注文すると店の奥から取って来てくれる模様。

つまみはコロッケ1個50円からと格安。もちろん飲まずとも良い。実際私はコロッケ1個で帰った。でも疲れていなければ是非酒を飲みたかった。特に入口への通路は完全に場末の雑居ビル的で、そんなところで堂々と飲めるというのは凄いことだと思う。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-26 22:19 | 都内食事

昇龍@上野 (中華料理)

No.123

食べログ

10/05/16 訪問

場所:各線上野駅不忍口を出てアメ横へ。途中の路地をガード下へ入るとある飲み屋ゾーンの一角。駅から5分程度。

客層:プロの台東区民と、観光客が半々くらい。観光客っぽい人の年齢層はそれなりにばらけていた印象。

店内:カウンターのみ。細長い店内で、厨房と向かい合う。入口は餃子制作スペースになっていて、ここで持ち帰り用餃子を買うことも可能。

予算:1000円前後。

上野アメ横はハイレベルな飲食店が多いのですが、その中でも代表格がここ。餃子で有名な店らしい。大体都内で餃子がウリの店となると池袋のみんみんとか亀戸餃子とか昼から飲んで当たり前なところしか知らないのだが、ここもご多分に漏れず。

でも流石台東区にあるだけあって、他の店とは一線を画していた。何と餃子がウリなのにその餃子は作り置き。コンビニとかでフランクフルトが入っている暖め用容器のアレに入っているのをおもむろに持ってくる。だから餃子ライスを注文しようものなら、一瞬(他のメニュー、ラーメンとかは注文を受けてから作っている模様)。

その餃子は1個10センチはあろうかという巨大サイズ。感じとしては池袋のみんみんに近い。1人前4個だが、十分すぎるレベル。味は作り置きの割にはそれなりに。そこまで考慮して作っているなら天才。

有名店で客がひっきりなしに来るので、割とおのぼりでも入りやすいのも○(隣の「大統領」はかなりハードル高そう……)。店も床はぬめっていたが、それ以外は割と綺麗だった。小汚い入口からは想像できないレベル。ゆっくり飲むという使い方は厳しい。餃子なら2個でビールひとビン飲んで、残り2個と小ライスでちょうど良いくらいか。池袋みんみんのように1個単位で餃子が注文できればもっといろいろできて楽しそうだが、少なくとも一見には認められてなさそうで残念。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-26 22:09 | 都内食事

炭焼豚丼 豚野郎@御茶ノ水 (豚丼)

No.122

ぐるなび

食べログ

10/05/12 訪問

場所:JR中央線御茶ノ水駅付近。御茶ノ水橋と聖橋の間の路地の真ん中くらいのビル3F。両者改札からは徒歩2分程度。博多風龍が1F、2Fは三浦のハンバーグ。

客層:ほぼ男性客。学生風とサラリーマン風がほぼ1:1。

店内:カウンターのみ。厨房では一番偉いと思われる店員がひたすら豚バラ肉を焼いている。

予算:500〜1000円。

北海道帯広が有名な豚丼だが、都内だと勝ち組メニューにアレンジされていて、中々軽く食べられる店が見つからないという印象。人に連れられて行ったが、ここはそんな中、手軽に食べられる店として中々アリだと思う。

メインメニューは豚丼のみ、という潔い構成。小中大からサイズを選べる。いずれも焼きたての豚バラ肉が大量にのってくる。中を食べたが、これでもかなり量が多い。隣の人が大を頼んでいたが、こちらは若干引くレベル。でも大でも880円というのは中々のCPだと思う。

夜間限定となるが、お茶漬けセットというのにプラス200円でできるそうだ。これを注文すると、豚丼版ひつまぶしのようなことができる。これは新しい試み。そして自分は食べていないが、かなり美味しそう。そのままだと味に変化が無く、飽きること請け合いな感じだったので、このアイデアは当たりかも。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-16 22:08 | 都内食事

大鷹ラーメン@和光市 (ラーメン)

No.121

食べログ

ラーメンデータベース

10/05/15 訪問

場所:東武東上線和光市駅から南、和光ICを大泉学園方面へ。税務大学校の裏手。歩くと30分近くかかるかも。

客層:地元民のグループ客が中心な感じがした。

店内:テーブル席中心でファミレスっぽい。店の中央がカウンターっぽくなっていて、一人客にも対応。

予算:1000円前後。

職場の近くなのだが、数日前まで存在を全く知らなかった。まあまあキャパがある郊外型ラーメン店。麺と餃子は自家製らしい。だからか、麺の大盛りが無料、餃子もそれなりに安く、持ち帰りも可能。この辺はポイント高い。

ラーメンはチェーン店レベル。醤油・塩・味噌の三種類が選べたので塩を注文してみた。純粋な塩ラーメンではなく、豚骨がかなり全面に出た感じ。正直、予備知識なしで食べたら塩ラーメンだとは思わない。ちょっとバランスが悪いと感じた。

餃子もそれなり。ラー油も自家製のようで、具入りだったので期待したが、かなり微妙だった。宇都宮の餃子の名店はラー油もうまいことが多く、その傾向があるかと思っただけに残念。あと一息頑張って欲しい。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-16 21:36 | 都内食事

風風ラーメン 朝霞南口店@朝霞 (ラーメン)

No.120

公式

食べログ

10/05/15 訪問

場所:東武東上線朝霞駅南口から路地を朝霞市役所方面へ。徒歩3分くらい。隣は「ぎょうざの満州」。

客層:場所柄か地元民中心。一人客から家族連れまで。

店内:厨房を囲む形でカウンターのみ。壁には漫画がびっしりとあって、勝手に読める。

予算:1000円前後。

東上線で朝霞より西になると比較的良く見かける感があるラーメンチェーン。日高屋的かな? と思って、まあそれはそれで微妙だし、ということで今まで入っていなかった。

メニュー構成はやはり日高屋的。醤油・みそ・とんこつと何でもござれ的な。店的にはとんこつが一番おすすめらしい。ということでそれを食べてみる。

フライドガーリック? 的な香り付けのスパイスがかかっているのが面白い。チェーンのラーメン店としてはおいしい部類に入るかも。そして、店員の態度も悪くない。

ただ高い。ランチセットと称して、餃子と半ライスをつける程度で1000円超えるってどういうことだ。更に、この店おすすめの鳥の唐揚げとするともっと値段が上がる。バブル期じゃないんだし、ラーメン店で飲まずに1000円overってかなりありえないと思う。もっと工夫が欲しい。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-16 20:50 | 都内食事

航海屋 池袋店@池袋 (ラーメン)

No.119

公式

食べログ

ラーメンデータベース

10/05/09 訪問

場所:各線池袋駅西口方面。要町通りにひたすら10分くらい歩いて、光文社ビルのそば。要町駅からの方が近いような気がする。

客層:店主と知り合い的な、地元民が一人客、家族連れに関わらず多かった。とてもアウェー。

店内:カウンターのみ。各種メニューの紹介や、メディア取材リストといった貼り紙が店内そこらじゅうにべたべた貼られている。

予算:500〜1000円。

ちょっと前に新宿を歩いていて、「ランチタイムはチャーシューおこわが100円で3杯までおかわりできます」という衝撃的な看板を見つけ、気になっていた。駅からやや遠いが池袋にも店があって同じシステムということで行ってみることに。

入口で食券を買うシステム。1000円札が何度もリジェクトされて(財布中の1000円札全部駄目だった)、帰ろうかと思った。

チャーシューがウリということで、野菜分を補給しようと野菜ラーメン、そこにランチタイムのチャーシューおこわをプラス。

チャーシューおこわはチャーシューさえあれば自宅でも作れそうなクオリティだが、ちゃんと肉が入っていてこれだけでも十分いける。ただ、店おすすめのからし味噌(豆板醤のようなものが置いてある)で食べるというのは微妙だった。

そしてラーメンがとても量が多い。これで600円(普通のラーメンなら500円だ)は凄いかもしれない。味は場末の食堂でありがちな醤油ラーメンなのだが。野菜もキャベツやもやしなど大量に入っていて、もちろんこの店ウリのチャーシューも多い。これは例えるならあっさり版二郎。CPなら二郎に勝っている。野菜があまりに多いので、チャーシューおこわにスープと一緒にかけたら中々美味しかった。でも量的にきつい。

あと、この手の店にしては珍しく、常連さんと店主の会話が大目。私のような一見は逆に若干居心地悪く感じるが、近年出てきた店とは一線を画しているなあと思った。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-09 17:55 | 都内食事

沖縄食堂 やんばる@新宿 (沖縄料理)

No.118

ぐるなび

食べログ

10/05/05 訪問

場所:各線新宿駅東口方面。大ガードを越えてヤマダ電機の裏手辺り。B12出口が目の前にあった。

客層:労働者風の人たちに混ざって若い女性客が1人でいたりする。個人的には新宿の小さい飲食店で良くある客層だと思っている。

店内:店の外に食券販売機、中は厨房に向かって細長くカウンター。思ったより広く感じた。テーブル席中心の2号店は隣。

予算:1000円前後。

スタンド形式のそば・うどんの店は都内に数多くあるが、沖縄そばを出す店って珍しいんではないだろうか、と思って入店。ここはさっと入ってさっと出るスタイルっぽかったし。

沖縄そばって強気だ。デフォルトで650円〜とか。かけそばなら半額以下だが。現地でもこんな値段なのだろうか。だからといって別にこだわっている感はなかった。麺はゆで置きっぽかったし。

スープは塩味が強い感じ。そもそも沖縄そば自体をほとんど食べたことがないので、これが良いとされるかどうかは分からない。私はラーメンかそば/うどんのつゆの方が好き。肉は結構肉々しい感じで、これはラーメンとかでもあまりない感じ。

店内の他の客が食べているのを見て、実はこの店定食の方が良いんじゃないかと思った。そこにオリオンビールを合わせるとか中々良さそうだ。
[PR]
by fyama_tani | 2010-05-05 21:44 | 都内食事